昭和の森公園

TOP > 千葉市観光・公園レポート > 昭和の森公園

巨大な木と大きな芝生広場
巨大な木と大きな芝生広場

更新情報・お知らせ

2022/6/28
ページをリニューアルしました。

千葉市の南端に位置する巨大な昭和の森公園は、ローラー滑り台やアスレチックなど遊びごたえのある遊具が豊富なだけでなく、海まで望める展望台や森林・池などの自然を生かした遊歩道も充実しています。

千葉市メニュー

遊べる場所

広さを生かしたスケールの大きなアスレチック広場・ローラーすべり台・芝生広場といった、安定した人気を誇る施設が中心なので、はじめて訪れるこども連れの方でも安心して利用できそうです。

アスレチックコース

園内にはこどもが楽しめる遊具がたくさん設置されていますが、なかでも冒険心をくすぐるアスレチックコースがこどもに人気で、難しいようなら素通りもできるので、まずはチャレンジしてみましょう。

本格的とまではいきませんが、ちょっと体力な高学年向きのものが多く、工夫が必要なタイヤポールラリー、癖があって腕力も必要なポールラリーなど、バラエティにも富んだ内容となっています。

タイヤを使って遊ぶこども
好きな場所から始められます。

ゲートから入って順番に見ると、

  1. ネットトンネル
  2. タイヤポールラリー
  3. ランダムステップ
  4. いろいろうんてい
  5. ウッドクライム
  6. ターザンロープ
  7. だんだんのぼり
  8. ウッドトリム
  9. と並んでいます。

段差があるいろいろ雲梯
大人のトレーニングにもなりそうな雲梯。

ローラー滑り台

昭和の森の目玉のひとつともいえる大型遊具施設で、傾斜を利用しており距離も長く滑りごたえ抜群の本格的なもので、滑り終わったら上までプチ登山をするため体力もついて一石二鳥です。

高い場所にある滑り台
ちょっと二の足を踏んでしまう程の高さ。

サイクリングコース

大きな面積を生かしたサイクリングコースは、自転車の持ち込みはもちろんレンタルも可能で、2箇所のセンターで貸し出しを行っていますが、第2駐車場付近の「第2サイクリングセンター」がメインとなっています。

2時間制で大人200円、中学生以下100円です(取材時)という料金体系となっており、園内のサイクリングコースは2時間あれば満喫できるので、十分楽しめる時間といえそうです。

サイクリングコース
わかりやすい表示の上を走りましょう。

芝生広場

どこまでも広がっているような芝生広場の巨大さがこの公園の特徴のひとつにもなっており、ボール遊びをのびのび楽しむグループや親子をあちこちで見かけることができ、何も持ってこなかった〜って人でも、売店でいろんなアイテムが揃うので安心です。

なかでもいちばん広いのは「太陽の広場」という名のエリアで、一周するだけでも相当な時間を要するほどの面積となっており、ここでも十分楽しむことができますが、さらに奥に行くと疎林広場など人の少ない穴場広場が点在しています。

どこまでも続く芝生広場と大きな木
大きな木陰が多いのも嬉しいポイント。

景観レポート

お散歩が好きな方にはこの巨大さは魅力でしかないと言っていいほどで、高低差もあるため人気エリアだけに絞ってもすべて周ると体力を消耗するので、ウォーキングを始める前には体力を温存しておきましょう。

四季のみち

昭和の森には歩いているだけでも楽しい散策道が設けられ、それぞれ四季にちなんだ名前がついており、見事な桜並木の「春のみち」、紅葉が並ぶ「秋のみち」「萩のみち」、さらには6月から7月が見頃の「紫陽花のみち」などがあるので、咲きごろを狙って訪れてみましょう。

散策道の途中には橋も多く架かっており、上から眺める桜など、おもしろい角度からの景色を楽しむことができるので、時間があればできるだけ多く周ってみましょう。

橋の上から見た桜
開放感のある春のみち。

展望台

遠くまで見渡せる展望台が2箇所設けられており、ひとつは「市町村の森」の近くにある「展望園地」という名の広場で、もうひとつは「紫陽花のみち」の延長上にある展望広場で、どちらも九十九里浜の景色まで望むことができる人気のスポットとなっています。

お弁当と飲み物を持参すれば、設置されているテーブルと椅子を使ってハイキングのように長時間楽しむこともできるので、空気が澄んでいる日を狙って訪れてみましょう。

展望台の景色と椅子・テーブル
内陸から望む水平線は必見です。

下夕田(しもんた)池

キャンプ場の奥を下に降りていくと大きな池が出現し、その周辺にはベンチが設置されており、仲睦まじいカモの親子などの野鳥を観察しながらくつろぐことができます。

完全に緑に囲まれており周辺の建造物が見えない抜群の自然環境で、池では魚が泳いでいる姿も見られますが、あくまでも鑑賞専用で釣りは禁止となっているのでご注意ください。

池を眺められるベンチ
小休憩にちょうどいいベンチ。

桜の景色

お花見広場

桜の総数だけを見ると近隣の名所でもトップクラスですが、そのなかでも一番数が多いのはやはり「お花見広場」で、中央付近にあるので駐車場からは多少遠いですが、太陽の広場(芝生広場)を通って紫陽花のみち近くの展望広場からまっすぐ行くとたどり着きます。

広場にはさまざまな種類の桜がほどよい間隔で並んでおり、隣のグループともちょっと離れて密になりにくいのが嬉しいポイントで、花見客で賑わうシーズンでもある程度の距離は保たれるようになっています。

お花見広場の桜
芝生の上に桜がずらりと並んでいます。

多目的広場(穴場)

その他にもいくつか見どころはいくつか存在していますが、特におすすめなのは「多目的広場」で、位置的にはかなり端にあたるため、満開の時期でもほとんど訪れる人がいない穴場スポット的存在となっています。

屋根付きの東屋もあるので「桜を独り占めしたような気分」でのんびり過ごすことが可能で、少ない本数でもいいから人混みを避けたいというタイプの方には絶好の場所と言えそうです。

ぽつんと立つ桜の木
少人数でのまったり花見におすすめです。

施設情報

敷地内にはキャンプ・スポーツなどの大きな施設も点在していますが、多くが南側に集中しており、それぞれ最寄りの駐車場もメインの場所と異なるので、あらかじめ全体像を把握しておきましょう。

キャンプ・バーベキュー

園内の敷地では、気軽に本格的なアウトドアが体験できる「昭和の森フォレストビレッジ」というキャンプ施設が運営されており、本格的に挑戦したい方から、手軽にバーベキューをやりたいグループなど、ニーズに合わせたご利用が可能となっています。

予約・詳細はこちら

フォレストビレッジ入口
安心感のあるキャンプ場入口。

オートキャンプサイトは区分けがしっかりされたプライベート感が特徴的で、お隣との距離が気になる方には嬉しいつくりとなっており、使い勝手の良い炊事場など、初心者・上級者どちらでもモチベーションが高くなる要素が満載です。

区切られたオートキャンプサイト
一軒家のような隣との距離感。

周辺がウッドチップになっているフリーサイトには、綺麗に掃除されている炊事場、すぐ横に水道とホースを設けるなど安全に気を使った火気使用可能エリアなど、プロフェッショナルなキャンプ施設ならではといったポイントが随所に見られます。

安全に気を使った火気使用可能エリア
安全対策も万全です。

施設の中にはフットサルのコートがあり、一般利用者は1人あたりの料金を徴収されますが、キャンプ場利用者は1面あたりとなっており、大勢で利用される場合にお得な料金設定となっています(取材時)。詳細はこちら

フットサルフィールド
フットサルメインでキャンプをされる方も。

スポーツ施設

下夕田池から南側はスポーツゾーンという区分けがされており、そこにはテニスコート・サッカーと野球ができる球技場・一見芝生広場のような多目的広場などがあり、他のゾーンとはやや違った雰囲気となっています。施設の予約等はこちら

緑と赤のコントラストが綺麗なテニスコート
快適な自然環境が魅力的です。

おすすめ撮影スポット

季節を楽しみながら散策できる森林コースでは樹木に訪れる野鳥を狙うことが可能で、展望台からは外房の景色だけでなく九十九里浜まで望める絶景写真が撮影できます。

高台からの景色

巨大な面積だけでなく、ちょっとした山のような自然と高低差もこの昭和の森公園の特徴として挙げられるので、当然に遠くまでの景色を望むことができる展望スポットも随所に点在しています。

景色が良い場所には広々のびのび撮影できる休憩施設が整った展望台が設けられ、天気が良ければ大網白里市とその先の九十九里浜の景観まで、同時に撮影することが可能です。

千葉市内の緑と町の景色
千葉市屈指の高台絶景スポット。

愛犬家のための情報〜

サイクリングコースと歩道が分かれてはいますが、自転車と歩行者専用道が重なり合う地点もいくつか点在しているので、とくに広めの道をワンちゃんと散歩する際には自転車に気をつけましょう。

愛犬とお散歩おすすめ度:4
★★★★☆

オーソドックスにお散歩を楽しむなら太陽の広場の芝生が安全なのでおすすめですが、アップダウンも楽しめる四季のみちはいろいろな景観を楽しみながら展望台にも行けるので、体が丈夫なワンちゃんをお連れの場合は選択肢に入れておくといいでしょう。

犬2頭と山道を歩く愛犬家
ワンちゃんにも優しい森林の空気。

駐車場・アクセス

3箇所合わせて800台弱の台数を収容する超大型の有料駐車場は、400円で1日(営業時間内)の利用が可能ですが、一旦出てしまうと再度料金が必要になるので、食べ物はあらかじめ近くのコンビニやスーパーなどで買っておきましょう。

駐車場

アスレチックコース・太陽の広場・サイクリングセンターに近い第2駐車場がいちばん便利ですが、人気があるため満車で入れないこともあるので、混雑する時期に訪れる際には第1・第3駐車場の位置も把握しておきましょう。

第1駐車場の入口ゲート
こちらは第1駐車場の入口。

電車・バス

最寄りの駅はJR外房線の「土気(とけ)」で、徒歩だけで頑張ると30分弱の時間を要するので歩いて来られる方は稀ですが、駅から公園までの道は桜の時期には絶景となるので、春先に訪れる方は徒歩での来園がおすすめです。

土気駅周辺は爽やかで閑静な住宅街となっており、公園までは駅から大通りをひたすら歩くだけの簡単なルートで、道中ではコンビニにも立ち寄れるので、行きのだけ歩いて帰りはバス、という方法も効率的です。(バスの詳細

土気駅のバスロータリーと入口
近代的に整備されている土気駅。
大量に落ちた桜の花
桜の絨毯の上を歩きましょう。

昭和の森公園概要

所在地 千葉市緑区土気町22(地図)
駐車場 あり(847台・普通車1回400円)
3箇所の駐車場があります。行きたい場所に合わせて利用できます。料金・営業時間はすべて同じです。
園内観光地図
(クリックで拡大)
昭和の森の全体地図
総面積 105ヘクタール
電車・バスの場合 JR外房線「土気(とけ)」駅南口から徒歩25〜30分位。
土気駅からバスの場合
千葉中央バス「ブランニューモール」行きに乗車し、「昭和の森西」又は「あすみが丘東4丁目」で下車徒歩3〜5分。
昭和の森フォレストビレッジの場合は「あすみが丘南」行きに乗車し「あすみ大通り中央」で下車して徒歩10分位。
犬・ペットの入場 入場可能。自転車が通らない場所を選んで散歩しましょう。
Googleのクチコミを見る

記事:取材班長・みどり

あまりにも広いので、ここに取材に訪れる際には時間と体力の消費を覚悟するようにしています(笑)が、景色が良いので、軽食と好きな飲物を持参してピクニック気分で撮影するのは結構楽しいです。

なかでも「中央林間ゾーン」の中の森林道はプチ登山のような雰囲気で最初はウキウキでしたが、「冬のみち」に入った時は、あまりのさみしさにスマホで誰かにLINEしまくりでした…。