アスレチック・遊園地・動物!

千葉TOP > 遊べる施設と公園

千葉市動物公園のトーマス機関車

こんにちは。あそび担当・さかです。千葉県にはあの有名テーマパークを筆頭に、牧場・動物園・アスレチック充実の大型公園など、体を動かして遊べるスポットがいっぱいありますね。

できればぜんぶ取材してご紹介したいのですが、すべてを網羅するにはもうちょっと時間がかかりそうです〜スミマセン。で、とりあえずご紹介できる範囲でピックアップしてみました。

市町村 公園名 主な施設・催し
我孫子 手賀沼公園 ボート
ミニSL
市原市 千葉こどもの国
キッズダム
ゴーカートなど
アトラクション多数
市原ぞうの国 カピバラふれあい
ぞうの餌やりなど
柏市 手賀の丘公園 アスレチックコース
鴨川市 鴨川シーワールド 動物ふれあい体験など
山武市 蓮沼海浜公園 ミニ遊園地
ミニSL
おもしろ自転車
ゴーカートなど
袖ヶ浦 袖ヶ浦公園 アスレチック
千葉市 千葉市動物公園 ミニ遊園地
乗馬
ふれあい体験など
昭和の森公園 アスレチックコース
成田市 成田ゆめ牧場 アスレチック
モトクロス
芝生すべり
トロッコ列車など多数
坂田が池総合公園 斜面広場
アスレチック
ジャンボスライダーなど
野田市 清水公園 フィールドアスレチック
アクアベンチャー
ニジマス釣り
ポニー牧場など
富津市 マザー牧場 バンジージャンプ
遊園地アトラクション
乗馬体験など
船橋市 ふなばしアンデルセン公園 森のアスレチック
鉄道ひろば
パターゴルフ
ミニカー
どうぶつふれあいなど
八千代 八千代総合運動公園 アスレチックコース
四街道 四街道総合公園 アスレチック・芝すべりなど

我孫子市

手賀沼公園のミニSLに乗って楽しむ観光客

手賀沼公園

こどもに大人気の園内を走るミニSLは、土曜・日曜・祝日または春休み・夏休み期間中に運行しています。料金・運行日につきましてはこちらの公式ホームページをご覧ください。

特急・新幹線・機関車・メルヘン機関車など、こどもが喜ぶようなカラフルで格好いい車両が多数用意されています。

手賀沼を周遊できるレンタサイクルは、我孫子市・柏市にある「レンタサイクルステーション」であればどこでも返却可能です。我孫子市は手賀沼公園の他に「サイクルパーク我孫子南」と、「手賀沼親水広場」の多目的広場駐車場が返却可能。柏市では「道の駅しょうなん」「北柏ふるさと公園」「手賀沼フィッシングセンター」があります。

駐車場は1時間ごとのコインパーキングになっているので、ゴールデンウィークなどの混雑時などの満車になりやすい時期でも、ある程度待っていれば入ることが可能です。

基本情報

入場料 無料
駐車料金 1時間100円(1時間以内は無料)
カフェ・食事 周辺に多数あり
宿泊施設 特になし
休園日 特になし
※ミニSLの運行日は主に土日祝・春休み・夏休み
ペットの入場 可(子ども広場・ミニSLを除く)

市原市

アスレチックコースで遊ぶこども

千葉こどもの国キッズダム

その名の通りこどもが遊べる施設が豊富にあり、ゴーカートやアスレチックなど、1日楽しむことができます。

ゴーカート・ダムダムポール・チビッカート・キッズダムトレイン・ローラーリング・ファンカートキッズ・アニマルカップ・チッパくんのGoGo消防車・大恐竜ランド・ジャイアンキューブ・鉄道ジオラマ・つりぼり・わくわくサイクリング・トランポリン・モノヅクリングビレッジなどといったバラエティ豊富なアトラクションがあり、遊んだ分だけ料金が発生するシステムです。

施設のなかに犬やネコなどのペットといっしょには入れませんが、別入口のドッグランは2時間1,000円前後で利用可能です。

基本情報

入園料 幼児(3歳~)200円
小・中学生300円
おとな900円
シニア500円
駐車料金 普通車800円
カフェ・食事 レストランあり(ラーメン・カレー・丼など)
宿泊施設 特になし
休園日 木曜日(祝祭日、長期休みを除く)
ペットの入場 不可
ゾウを操る象使い

市原ぞうの国

ぞうさんたちが水遊びをするのを眺めて楽しめる「エレファントスプラッシュ」、演技力抜群のぞうさんたちがパフォーマンスを繰り広げる「エレファントスクエア」などといったコーナーが鑑賞して楽しむタイプ。

おやつをあげたりしてふれあいができる交流タイプのコーナーは、「エレファントヴィレッジ」「カピパラふれあい広場」「ねこちゃんふれあいランド」など。

この他にも「サユリワールド」にはキリン・プレーリードッグ・カンガルーなどたくさんの動物を見ることができます。ぞうだけでなくいろいろな動物との交流ができるのも魅力のポイントといえるでしょう。

食事施設も充実しており、レストランだけでなくタイ料理やハンバーガーをテイクアウトして食べ歩きができます。もちろんスイーツのあるカフェもあり、その名も「エレファントハウス」で、市原ぞうの国ならではのおもしろメニューが用意されています。

基本情報

入場料 【中学生以上64歳未満】
市原ぞうの国・サユリワールドセット券:2,900円
市原ぞうの国のみ:2,200円
サユリワールドのみ:1,300円
【3歳〜小学生】
市原ぞうの国・サユリワールドセット券:1,200円
市原ぞうの国のみ:900円
サユリワールドのみ:700円
【65歳以上】
市原ぞうの国・サユリワールドセット券:2,800円
市原ぞうの国のみ:1,800円
サユリワールドのみ:1,300円
駐車料金 1,000円(1回)
カフェ・食事 レストラン・カフェ・フードコート
宿泊施設 特になし
時間・休園日 10:00~16:00 最終入園時間 15:30
休園日はHPのカレンダーで告知
ペットの入場 不可

柏市

REキャンプしょうなんのキャンプ施設入口

手賀の丘公園

公園全体が山の中にいるような雰囲気で、本格的な気分で手軽にアウトドアが楽しめる人気のスポットです。

RECAMPしょうなんによるキャンプ施設があり、公園とは思えないほどの充実した施設が目玉ポイント。はじめてバーベキューやキャンプをするこどもや家族に嬉しいセットメニューやコースが目白押しです。

キャンプに飽きたら、本格的なアスレチックコースやおもしろいすべり台、展望台などで楽しむこともできます

基本情報

入場料 無料(キャンプ施設は有料)
駐車料金 無料
カフェ・食事 売店あり
宿泊施設 キャンプ施設(RECAMPしょうなん
休園日 特になし
ペットの入場 可能

鴨川市

イルカショーをしているシーン

鴨川シーワールド

シャチ・イルカ・ベルーガ・アシカのパフォーマンスでお馴染みの、東条海岸の海の恵を生かした日本を代表する水族館

ショーはもちろん、季節ごとに内容が変わるイベントも多数。ナイトアドベンチャーなどの夜の開催もあるので朝から夜までエンジョイできます!レストランから夜の水族館を見ることができるプランも要注目です!

朝から夜までいろんなイベントがあるので、日帰りよりもお泊りで2日間たっぷり楽しむのが絶対お得!

寝袋をレンタルできて入浴施設も利用できるナイトステイプランなど、鴨川シーワールドならではのおもしろいプランがたくさんあります。

ホテルに泊まりたい方も、フリーパスなどがついているオフィシャルホテルが充実しているので安心。特別な日におすすめの観光スポットです!

基本情報

入館料 高校生以上:3,000円/小中学生:1,800円/幼児:1,200円/60歳以上:2,400円
駐車料金 普通車:1,200円/大型車:1,600円/二輪車:300円
カフェ・食事 レストラン・フードコート
宿泊施設 鴨川シーワールドホテル・寝袋貸し出しなど
休園日 不定期(HPで告知)
ペットの入場 不可

山武市

蓮沼海浜公園の変わり種自転車

蓮沼海浜公園

九十九里浜の海岸沿いにある巨大な施設で、リーズナブルにいろんなタイプのアトラクションを楽しめるおすすめの遊園地です。

たくさんのエリアに分かれており、こどもや親子に人気があるのは「子供の広場」というミニ遊園地と「ウォーターガーデン」という巨大なプール。

1年じゅう遊べる子供の広場には、広い敷地を小さな電車に乗って周遊できるミニトレインがおすすめで、アクティブな子にはゴーカートや面白い変わり種自転車が人気です。

遊びたいアトラクションだけお金を払って少しずつ楽しむことができるので親御さんの財布も大助かり。がっつり遊びたい親子でもきっと満足できるでしょう。

ウォーターガーデンが開設していれる時期は混雑必至ですが、すぐ近くに広い海水浴場もあるので、楽しみは数倍以上に膨れ上がります。

基本情報

入館料 無料(アトラクション・プールは別料金)
駐車料金 無料
カフェ・食事 場内に売店・付近にレストラン有
宿泊施設 蓮沼ガーデンハウス「マリーノ」が場内にあります。
アトラクションの営業日 土日祝・ゴールデンウィーク・春夏冬休み(雨天時休み)
営業状況はホームページでご確認ください
ペットの入場 アトラクション・施設以外

袖ヶ浦市

袖ヶ浦公園のアスレチック広場

袖ヶ浦公園

さまざまな楽しみどころがありますが、こどもに人気が高いのはアスレチック広場。池の周辺の遊歩道を歩いてたどり着くのでお散歩がてら楽しむこともできます。

2つのエリアに分かれており、アスレチックのがる大きな池がある側と、ソフトクリームなども販売しているカフェがあるメイン側に分かれています。

どちらのエリアもとても広く歩くコースも豊富ですが、売店側には展望台や梅林、フラワーガーデン、水生植物などといった見どころが豊富。お花見広場は大きな池のあるエリアに設けられています。

基本情報

入場料 無料
駐車料金 無料
カフェ・食事 食事もできるカフェが場内にあります。周辺にも飲食店があります。
宿泊施設 特になし
休園日 特になし
ペットの入場 可能

千葉市

千葉市動物公園のチーター

千葉市動物公園

レッサーパンダで有名になった市営の動物園。一生懸命なスタッフさんたちによって楽しく運営されているおすすめのリーズナブルテーマパークです。

近年仲間入りしたチーターやハイエナと百獣の王ライオンをはじめとした肉食獣から、定番のゾウ・キリン・シマウマさんなどの草食動物までの大型動物が千葉市内で見られちゃいます。

無料じゃないけど入場料金はたったの700円!そして年間パスポートは2,500円というお得さ!!動物が好きな方にとって超おすすめのリーズナブルな施設です♪

千葉駅から乗れる千葉都市モノレール下車すぐというアクセスの良さも魅力♪車を使わなくても簡単に行ける、貴重な本格動物園です。

基本情報

入館料 高校生以上:700円/中学生以下:無料
※千葉市在住の65歳以上の方:無料(要証明書)
駐車料金 普通車:700円/大型車:2,800円/オートバイ:無料
カフェ・食事 レストラン・カフェ多数
宿泊施設 ありません
休園日 毎週水曜日(祝日・休日の場合はその翌日)
ペットの入場 不可
昭和の森公園のアスレチックコースで楽しむ家族

昭和の森公園

千葉県内でも最大級の面積を誇る大型公園で、無料で気軽に楽しめるローラー滑り台やアスレチックコースはお財布が気になる親御さんにとっては心強い味方。

芝生広場もかなりの広さがあり密になりにくいので、大家族でも周辺を気にせずテントを広げたりボール遊びをしたりワンちゃんと走り回ったり、それぞれに合わせた楽しみ方が選べます。

園内には自転車用の道路も設けられ、歩行者は安全にお散歩ができ、自転車で楽しみたい方はレンタサイクルで公園を走り回れます。

高低差があるお散歩コースにはいくつかの展望台があり、季節の花を楽しめるスポットも随所に点在しています。

基本情報

入場料 無料
駐車料金 1時間100円(1日最大400円)
カフェ・食事 売店あり
宿泊施設 キャンプ施設有
休園日 特になし
ペットの入場 可能

成田市

トロッコとひまわり畑

成田ゆめ牧場

千葉市内から近い場所にある、アクセス便利な観光牧場です。やさしい動物と触れ合えたり、乗馬ができるのは牧場ならではの醍醐味といえそう。

AからFまで7種類ものエリアがあるオートキャンプ場の、シャワー・ログハウスの充実ぷりにも注目です。

遊びに関しては、こちらはどちらかというと小さなお子さん向きのアトラクションやイベントが多め。パターゴルフやアーチェリーなど、こどもだけでなく親子で一緒にアクティビティを楽しめる環境も整っています。

そして、動物に優しい牧場らしく愛犬との入場が可能で、ドッグランもあります。テラス席であれば一緒に食事もできます。ゲージに入れていけばネコちゃんや小動物も入場可能ですが、念の為牧場にお問い合わせください。

圏央道の下総ICそばというアクセスの良さも魅力。JRでの来園もおすすめで、成田駅のおとなり「滑河」駅から無料送迎バスがあります。

基本情報

入館料 中学生以上:1,450円/中学生未満3歳以上:700円/65歳以上:1,250円/大型犬:1,500円/中・小型犬:1,000円
※65歳以上の方は要証明書
※障がい者割引あり
駐車料金 普通車:700円/大型車:1,200円/二輪車:400円
カフェ・食事 レストラン・バーベキュー・ハンバーガーカフェ・ピザレストラン・ミルキーハウス(アイスクリーム)など
宿泊施設 オートキャンプ施設有
休園日 通年営業
ペットの入場 犬・その他小動物との入場が可能(犬以外はゲージに入れるなどの規制あり)。
坂田が池総合公園のアスレチック

坂田が池総合公園

こどもに嬉しい遊び場やジャンボスライダーをはじめ、芝生広場・斜面広場・中央広場などの遊べるエリアにアスレチック風の遊具施設が設けられています。

公園名になっている池には釣り可能エリアも設けられており、季節の樹木に囲まれた自然の豊富な場所でのんびりと親子で興じることができます。

水が豊富なので野鳥の数・種類が豊富なのも嬉しいポイント。散歩コースも豊富なので健康的に遊べます。楽しみながら自然とふれあえるので、こども連れ家族におすすめです。

基本情報

入場料 無料
駐車料金 無料
カフェ・食事 特になし
宿泊施設 キャンプ施設有(コロナ禍はデイキャンプのみ)
休園日 特になし
ペットの入場 可能(キャンプ場は不可)

野田市

ポニー広場の遊具であそぶこども

清水公園

野田市にある私設の超大型人気公園。公園名が東武アーバンパークラインの駅名にもなっているという絶好のアクセス環境も魅力的。リーズナブルに遊べる代表的施設といって過言ではないほどの楽しい施設です。

アトラクションが豊富な中にあっていちばん盛り上がるのは、他の大型テーマパークを凌駕する楽しさの「アスレチック」で、その数なんとぴったり100種目というから驚き。

チャレンジコース40・冒険コース40・水上コース20種目という内訳ですが、特筆すべきは他にない「水上コース」。なかでも「水上ターザン」や「水上ロープウェイ」はスリルも楽しさもここでしか味わえません。同じ高さでも水上というだけでスリル満点、満足度も倍増です♪

ワンちゃんの入場も可能ですが、キャンプ施設など、入れない箇所もいくつかあるのでご注意ください。

基本情報

料金 【入場】
無料
【フィールドアスレチック】※事前予約が必要
中学生以上:1,500円〜/小学生:1,000円〜
駐車料金 【第1・第4駐車場】
1時間以内:200円/2時間以内:400円/3時間以内:600円
3時間以上:800円
【第3・第5駐車場】
1時間以内:200円/2時間以内:400円/3時間以内:600円
3時間以上:800円/大型バス:1日2,000円
【第2駐車場(繁忙期のみ)】
1日800円/大型バス:1日2,000円
※ゴールデンウィークは、普通車200円増し、大型バスは1,000円増しです。
カフェ・食事 花ファンタジアレストラン・バーベキューレストラン松風苑・その他カフェショップなど。
宿泊施設 バンガロー・オートキャンプ施設があります。
休園日 通年営業
ペットの入場 愛犬との入場が可能ですが、宿泊・食事などの施設には同伴できません。

富津市

マザー牧場で動物に餌をあげるこども

マザー牧場

みなさまご存知の、動物との触れ合いがメインのテーマパーク。でもお楽しみは動物だけではありません。

超特大の敷地内には、標高300メートルの観覧車やカートが人気の遊園地、山の上でバンジーなどの冒険ができるアドベンチャーゾーン、流行りのグランピングで注目のキャンプ施設、さらには季節の味覚狩り、壮大な花園、体験工房、ジンギスカンなどの食事施設などなど、枚挙に暇がありません。

1日ですべてを満喫するのは難しいので、遠くから来られる方はもちろん、千葉県からお越しの方もお泊りでたっぷり楽しんじゃいましょう〜。

牧場が初めてまたは久しぶりって方でも安心して楽しめる「オススメモデルコース」がいくつかご紹介されているので、お出かけ前にチェックしてみましょう。雨の日におすすめのコースやワンちゃんと一緒に楽しむためのプランもありますよ♪

基本情報

入場料 おとな:1,500円/こども:800円/ワンちゃん:700円
※アトラクション・イベントなどは別途料金が必要
駐車料金 乗用車:1,000円/オートバイ:300円/大型バス:3,000円
カフェ・食事 6箇所あり
宿泊施設 グランピング(通年)・キャンプ施設(7・8月)
休園日 不定期(HPで告知)
ペットの入場 犬OK(入場料700円が必要)
入れない施設があるのでご注意ください。

船橋市

アンデルセン公園の風車と花畑

ふなばしアンデルセン公園

船橋市が誇る大型公園、というよりはデンマークをイメージしたテーマパークです。観るのも楽しいですが、とにかくこどもが楽しめるコースや施設が豊富なのが特徴的。

とても広い公園ですが、はじめての方でも満喫できるように5つのコースが紹介されているのが超おすすめポイント♪

いろんな楽しみ方があるけど、人気が高いのはやっぱりワンパク王国ゾーンの「アスレチック」!船橋の森につくられた特大のコースは4つに分かれており、年齢・体力によって選ぶことができます。

こどもはもちろん、大人でも楽しめる歯ごたえのある上級者コースもありますよ!公園の案内では「15〜36歳」を推奨しているところからその難易度が想像できます。

ワンパク王国ゾーンにはアスレチックの他にもパターゴルフ場・ミニカー広場などもあったりするので、お子さん以上に楽しんでしまう親御さんも多数いらっしゃいます。

基本情報

入園料 一般:900円/高校生:600円/小中学生:200円/4歳以上:100円/65歳以上:無料(要証明書提示)
※10月第4日曜日は船橋市民無料
※前売り割引あり
駐車料金 普通車:500円(12/1〜3/15は300円)
大型車:2,000円(12/1〜3/15は1,000円)
カフェ・食事 レストラン・フードショップ・カフェ数箇所
宿泊施設 ありません
休園日 こちらをご参照ください
ペットの入場 不可

八千代市

すいている八千代総合運動公園のアスレチックコース

八千代総合運動公園

体育館やテニスコートなどを備えた運動公園ですが、こども向けの冒険広場も充実しています。

冒険広場には本格的なロープウェーやネットのトンネルなどを利用して作られたアスレチック遊具があり、山の上から滑り下りる70mのローラー滑り台など種類もかなり豊富。

施設はかなり立派なものですが、他のアスレチック施設に比べると利用者が少なく、のびのびと使える穴場的魅力があります。

すぐとなりには八千代広域公園があり、川沿いの快適な道はお散歩に絶好。ワンちゃん連れの方はそちらも合わせて楽しめます。

基本情報

入場料 無料(アスレチックも無料)
駐車料金 無料
カフェ・食事 特になし
宿泊施設 なし
休園日 特になし
ペットの入場 可能

四街道市

四街道総合公園のカラフルな複合遊具施設

四街道総合公園

大きな体育館やステージ会場、テニスコートなど運動施設が充実していますが、高低差のある地形をいかした遊歩道や芝生すべりなど、独特なスポットも特徴的な自然公園です。

奥まで行くとアスレチックコースがあり、無料で利用できるので、近所のこどもをはじめ多くのやんちゃなこどもや家族連れが訪れて楽しんでいます。

樹木も豊富で、桜や紅葉を楽しめる広場も充実。お散歩コースは愛犬連れにも大人気です。一年を通していろいろな人が楽んでいる大型公園です。

基本情報

入場料 無料(アスレチックも無料)
駐車料金 無料(夕方に閉門される場所あり)
カフェ・食事 特になし
宿泊施設 なし
休園日 特になし
ペットの入場 可能

記事を書いている人:あそび担当・さか

こんにちは。グルメとあそびどころを取材している「坂(さか)」です。ようやく特集ができるレベルまで記事ができましたが、まだまだです。。

もっとたくさん取材して、見ているだけでも楽しくなるような遊びのページにしたいと思ってます☆ご期待くださいませ!