養老渓谷

千葉TOP > 養老渓谷

養老渓谷の観音橋
養老渓谷詳細マップ 弘文洞跡 懸崖境 滝めぐり遊歩道 筒森もみじ谷 梅ヶ瀬渓谷 出世観音 養老渓谷駅 中瀬遊歩道 粟又の滝 水月寺 金神の滝 二階建てトンネル 山の駅喜楽里 観音橋

更新情報・お知らせ

2022/5/15
リニューアルしました!

養老渓谷といえば紅葉の名所!ですが、晩秋以外でも滝・ツツジ・渓谷など景観がオールシーズン楽しめる観光スポット。

千葉で唯一の温泉郷も魅力で、ひとり千円ほどで日帰り入浴もできちゃいます。もっと手軽な足湯、というのもあります。

渓谷の観光が中心なので、歩きやすい靴は必須。体力を使うので前日に飲みすぎて寝不足…なんてことがないように準備しておきましょう!

渓谷・観光名所

水が流れ落ちる粟又の滝

粟又の滝

紅葉川辺景観

駐車場:周辺にあり

観光スポットが目白押しの養老渓谷のなかでも一番人気と言える名所。

滝の周辺には遊歩道が敷かれ、紅葉の季節にはライトアップをした幻想的な姿も観ることができます。

すぐ近くから滝を眺めることもできますが、離れた展望台から見る滝も絶景。さまざまな角度から紅葉・新緑などの写真を撮ってみましょう。

滝のすぐ近くには無料の駐車スペースはありませんが、展望台や遊歩道のスタート地点などに無料のスペースがあり、粟又の滝までつながっているので、滝だけが目当ての場合はそちらがおすすめです。

渓谷に降りたところ
カフェ「山猫」の横にある自動販売機が「粟又の滝」入口の看板になっていておしゃれでした。
案内標識がわりの自動販売機
降りると早速カラフルな紅葉と渓流のコラボが。
しぶきをあげる粟又の滝
紅葉の合間に粟又の滝が見えてきました。音を伝えられないのが残念です。
滝めぐり遊歩道の石の橋
粟又の滝に続いている滝めぐり遊歩道を滝から見た風景です。
石でできた階段
粟又の滝へ続く入口はたくさんありますが、夜に行くならこの階段がしっかりしていて安全です。
粟又の滝展望台
こちらは少し離れた場所にある、滝が見える展望台。遠目から粟又の滝が見えます。紅葉を入れて撮影するならここが絶好のポイントです。
展望台から見た粟又の滝と紅葉
展望台から粟又の滝を見るとこんな感じです。素敵な紅葉の写真にチャレンジしましょう。
わらび餅ののぼりがあるカフェ
こちらのお店が展望台の目印。じつは穴場の駐車場でもあります。競争率が高めですが、出入りが多いので駐車待ちをするのは稀です。
薄暗い時間の粟又の滝
渓谷を横切るように作られている石の橋に立って撮影するとこんな感じです。
展望台看板
無料駐車場がある展望台には「養老乃滝」と表記されていました。
ライトアップされた粟又の滝を撮影する観光客
11月中旬から12月上旬限定で行われるライトアップの写真。観光客のみなさんは石の橋に立って撮影に夢中です。
わらび餅ののぼりがあるカフェ
紅葉の季節らしい赤色バージョンです。基本は黄色ですが、時折色を変えて楽しませてくれました。
紅葉の景色と赤い観音橋

観音橋

紅葉川辺景観

駐車場:周辺にあり

粟又の滝と並んで観光ガイドなどによく掲載されている名所のひとつ。養老渓谷の雰囲気をいちばん味わえる場所と言っても差し支えないでしょう。

見た目がとても印象的ですが橋自体も坂になっていて面白いので、見るだけでなく実際に渡ってみましょう。観音橋を渡るとその先は出世観音で有名な立國寺に続いています。

立國寺に向かう途中にSNS映えする絶景アングルスポットがいくつかあるので、写真が目的の方は奥まで行ってみましょう。

専用の駐車場はありませんが、近隣に500円位の私営駐車場がたくさんあります。

観音橋の入口と立て看板
観音橋の入口。「ペットを連れての参詣はご遠慮ください」という立て看板がしてあります。
観音橋の全景
半円を描くような形になっている面白い橋です。排水口はありますが、雨の日は水が溜まりそう。
観音橋から見た一心不動尊
橋を渡りきると「一心不動尊」が見えてきました。立國寺(出世観音)までのプチ登山のスタート地点でもあります。
一心不動尊の説明書き
もっと近づいてみましょう。「大日如来がこの世の生きとし生けるものを救済するため、その使者として現れた仏教の守護神、それが不動尊です」と書いてあります。
金色に輝く出世観音

出世観音・養老山立國寺

紅葉景観

駐車場:周辺にあり

観音橋を渡って階段を登っていくと、立國寺という景観の良いお寺に辿り着きます。

立國寺にある出世観音には、源頼朝が再起を目指している際に訪れて祈願したという、由緒ある伝説が残っています。

プチ登山コースにもなっているので、祈願目的でなくても楽しいお散歩観光ができるので、健脚の方は訪れてみましょう。

観音橋から立國寺に向かう途中「ペットを連れての参詣はご遠慮ください」とう看板があるので(取材時)、愛犬連れの方はご注意ください。

出世観音へと続く階段
観音橋を渡りきると階段が出現します。神社・寺院巡りで避けて通ることができない「長い階段登り」の始まりです。
観音橋と出世観音の間にあるトンネル
階段ばかりではなく、このトンネルのような面白い場所・景観スポットがあるので結構楽しめます。疲れるけど頑張って頂上を目指しましょう。
四無量心の教え
途中に看板がありました。「慈・悲・喜・捨」の「四無量心」について書かれています。どの言葉が心にささりますか?
出世観音のある神社
ようやく到着しました。普段運動をしている人でも息が切れるほどの階段です。無理をしないようにゆっくりと行きましょう。
立國寺本堂
「立國寺」の本堂はこちらです。お寺の大きさはさほどでもありませんが、観光客が多いせいか、とても明るい雰囲気です。
金色に輝く出世観音
お寺の横にある出世観音。九死に一生を得てこの場所に逃れてきた源頼朝公が戦勝祈願をし、のちに天下を平定したことから、その御神霊をこの観音様に安置したと言われています。
出世観音の由来書き
こちらにその「出世観音の由来」が丁寧に文章にされています。観音様のご利益や源頼朝公の当時のようすがよくわかるので、訪れた際には一読してみましょう。
出世観音の横にある休憩所
お寺の中にはベンチと屋根がある休憩施設もあります。観音様を見ながらくつろげるのでおすすめです。せっかく登ってきたのですから、ちょっとくつろいじゃいましょう。
水が流れ落ちる粟又の滝

金神の滝

紅葉景観

駐車場:周辺にあり

粟又の滝(養老の滝)の少し奥にある、比較的発見が新しい名所。光の当たり方によっては滝の周りが金色に見えるので、晴れた日の撮影がおすすめです。

付近の駐車場は有料ですが、粟又の滝から徒歩圏内なので、どちらも観光してお得感が味わいましょう。

ジェラートが人気のカフェ「山猫」がすぐ近くにあるので、滝を見た後も何かと楽しめます。

人気の旅館「滝見苑」からも近いので、お泊りになる方は、粟又の滝だけでなくこちらも是非お立ち寄りください。

 

筒森もみじ谷に訪れた観光客の車

筒森もみじ谷

紅葉景観犬可

駐車場:10台位(無料)

メインのスポットからは離れますが、紅葉の季節に養老渓谷観光をするなら訪れておきたい名所のひとつです。

その名のとおり、谷になっている箇所にたくさんのもみじがあり、カラフルな紅葉カラーで観光客の目を癒してくれます。もみじの咲いている範囲が広いので、紅葉を見ながらのお散歩も可能です。

無料の駐車スペースの横には不定期ですが地元の方が営んでいるプチ売店があり、気分を盛り上げてくれます。ちょっと変わったお土産にもなるので、見つけたら立ち寄ってみましょう。

筒森もみじ谷の看板と野菜直売・石やきいもの看板
紅葉の時期でも駐車場は無料です。すぐ横で地元の方がのんびりと野菜の直売をしながら石焼き芋を焼いていました。
太陽に当たっている紅葉
12月の初旬でもご覧のとおり紅葉が残っています。谷なので、太陽が当たる場所とそうでない日陰のコントラストが綺麗です。
もみじ谷沿いにある駐車場
その名のとおり「谷」沿いにある紅葉の名所。2021年は11月の後半頃がいちばんの見頃だったようです。
紅葉谷の奥の道
駐車場の奥にも道があり、お散歩コースとなっています。時間があれば紅葉さんぽをしてみるのもおすすめです。ライトがないので日があるうちに。
新緑の季節の弘文洞跡

弘文洞跡

紅葉景観

駐車場:周辺にあり

多くの足湯どころ・旅館・駐車場などが立ち並ぶ養老渓谷の中心部にある中瀬遊歩道から見える、歴史のある名所です。

何も知らずに訪れると、ただの谷にしか見えませんが、かつては隧道(トンネル)だったという面白い地景です。

1979年に上部が崩れてしまったため隧道が谷になってしまい、景勝地としての人気が落ちてしまいましたが、今でもガイドブックに欠かせない養老渓谷の名勝です。

(注意)中瀬遊歩道の歩道は入口が2ヶ所あり、通常時はつながっているのですが、壊れることが多々あります。その場合、片方の入口からは弘文洞跡にたどり着かない、という事態が発生します。訪れてから現地で確認しましょう。

つつじが見事な水月寺の周辺

水月寺

景観寺院

駐車場:周辺にあり

紅葉が一番人気の養老渓谷のなかでは異色ともいえる「ツツジ」が楽しめる景観観光スポットです。

咲き始めるのは桜と同じ3月下旬ですが、6月まで咲いてくれているので、比較的長く楽しめるのが嬉しいポイント。大多喜町のホームページでも紹介されている名所のひとつです。

場所的には、滝めぐり遊歩道のスタート地点あたり。温泉が立ち並ぶ中央エリアと粟又の滝の間に位置しているので、養老渓谷中心部から粟又の滝に向かう途中に寄るのもおすすめ。

滝めぐり有料駐車場(取材時・小沢又駐車場)がいちばん近くの駐車場になります。少し歩きますが、それほど離れていないので、こちらを利用するといいでしょう。

橋の上から見た懸崖境の紅葉

懸崖境

紅葉景観川辺

駐車場:周辺にあり

ガイドマップには掲載されているものの、見つけるのが意外と難しいスポット。

崖の紅葉という面白い景色が見られる地景で、いちばんよく見えるのが橋の上になります。

川の方に降りることもできますが、全体的に紅葉を観光するなら橋の上がおすすめです。

ライトアップもされるので(2021年は11月20日から12月5日・17時〜21時位まで)その時期に訪れた方は夜も訪れてみましょう。

(編集部より)取材で訪れたのは12月3日でしたが、若干ピークを過ぎた感がありました。ピーク時にはかなりの絶景が見られるはずなので、11月の20日すぎあたりが良いかもしれません。

橋の上から見た懸崖境
橋の上から見た、断崖にかかる紅葉の景色です。何でもないような普通の橋なのでわかりづらいですが、GoogleMapが案内してくれます。
奥の方まで続いているので、時間があれば下に降りて見に行ってもおもしろそう。
懸崖境に彩った見事な紅葉
ところどころに真っ赤に染まった紅葉が見られます。垂直の崖に見事に咲いた丸い紅葉の景色はなかなかの珍景。
案内標識もなく分かりづらい場所にあるので、発見した喜びもひとしおです。

養老渓谷の駐車場事情

観光客が多く訪れる養老渓谷には、私営の駐車場もたくさんあります。

泊まりで行かれる際には当然ながら宿の駐車場を利用できますが、そうでない場合は、拠点をしっかりと決めて駐車場を選ぶのが重要となります。

たとえば、「梅ヶ瀬渓谷」に訪れるのであれば、それだけでも3時間以上を費やすハイキングとなるので、体力はできるだけ温存したいところ。となると、駐車場は渓谷の入口近くがいいでしょう。

何も考えずに訪れると、目に入った駐車場に入ってしまいがち。料金は時間制でなく1日制がほとんどなので、1回支払ってすぐに出るのはあまりにももったいないですよね。

支払いが1回で済むように、観光ルートをあらかじめ考えてから駐車場を選びましょう。ちなみに料金は500円前後が相場です(取材時)。

ハイキングコース

梅ヶ瀬渓谷の紅葉

梅ヶ瀬渓谷

紅葉川辺景観

駐車場:入口と展望台付近にあり(有料)

養老渓谷のなかでも独立感のある観光エリア。梅ヶ瀬渓谷に訪れるのであれば、朝早くスタートして計画的に回らないと養老渓谷の観光スポットを回りきるのは難しくなります。

明治維新の時代を生きた「日高誠実」の生き様を感じることができる「日高邸跡」などの名所に行けるハイキングコースには「もみじ谷」もあり、紅葉の時期は多くの観光客が訪れます。

コースの途中には「大福山展望台」という景観スポットもあります。付近に駐車場もあるので、体力を温存したい人はここを目的地にするのもおすすめです。

川にかかる石の橋

中瀬遊歩道

紅葉川辺景観

駐車場:周辺にあり

養老渓谷の中心部に位置し渓谷の景色を存分に楽しめる、主役的存在ともいえる観光スポットです。

入口は2ヶ所ありますが、橋が壊れていることがあり、行き止まりができてしまうことがしばしば。あらかじめどこまで行けるのかチェックしておくのが無難です。

特に、名勝のひとつ「弘文洞跡」に行くには、どちらかが正解でもう一方からは行き止まりとなってたどり着かない…ということになってしまうのでご注意ください。

遊歩道に降りる前にキャンプ場がありますが、新型コロナの影響で営業が中断され、薪などが放置状態となっています(2021年取材時)。

中瀬遊歩道にかかった石の橋
中瀬遊歩道をすべて楽しむには養老川に作られた風流な石の橋を渡る必要がありますが、踏み外すと見事に川に落ちてしまいます。
当然ながらヒールなど歩きにくい靴は絶対に履いてこないようにしましょう。また、雨の後も滑りやすくなっているため最新の注意が必要です。
左が養老渓谷駅、右が弘文堂の案内標識
この案内は台風15号の被害前につくられたもので、本来であれば中瀬遊歩道から弘文堂へ簡単に行けるのですが、2019年9月9日に発生した台風15号の影響でしばらく通行止めが続いています。
逆側の入口からは弘文堂へのアクセスが可能ですが、ここ養老渓谷を含め、台風15号は千葉房総の観光地に大きな爪痕を残しています。
本来なら弘文堂へ続く紅葉の遊歩道
紅葉が見事な遊歩道を歩いていくと弘文堂なのですが、残念ながら取材時はこの先には行けませんでした。
弘文堂をはじめ、アクセスは可能なものの行き止まりが多くなっているのが現状で、元通りの中瀬遊歩道の姿を取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうです。
日光で輝く中瀬遊歩道の紅葉
弘文堂は残念ですが、中瀬遊歩道にはSNS映えする見事なもみじがたくさんあります。
スマホでも日光の力を借りるとご覧のような幻想的な写真を撮影することができるなど、片道切符でも行く価値がある見どころ豊富でな紅葉観光スポットです。

二階建てトンネル

歴史景観

駐車場:周辺にあり

素掘り二層式トンネルで、「向山・共栄トンネル」というのが一般的な名称です。

二槽式といっても2ヶ所トンネルがあるわけではなく、利便性を高くするため深く掘って新しい道を完成させた後、旧道を壊さず残しているため、旧道の部分が途中から現れる、というものです。

そういう経緯もあり、名称が途中で変わる珍しいトンネルとして、珍観光名所となっています。

多くの人が徒歩で訪れたり撮影をしていますが、車の通行が可能なので意外と危険です。歩行者も車で通行する方も十分に注意してください。

遊歩道の出発地点

滝めぐり遊歩道

紅葉川辺景観

駐車場:周辺にあり

水月寺の付近から粟又の滝まで延びる、渓谷沿いの遊歩道です。

入口はいくつかあり無料では入れますが、橋が壊れていることがあるため、途中で登ってまた降りる、という可能性もあります。

遊歩道は2キロメートルという長さで、その名のとおり大小いくつかの滝を見ることができ、最終的に名勝粟又の滝に到着するというものです。

紅葉の時期、粟又の滝はライトアップされますが、遊歩道の足元は真っ暗なので、日が落ちてから訪れるのは大変危険です。ライトアップ時などに訪れる方は必ず懐中電灯をご用意ください。

養老渓谷の愛犬連れ事情

基本的に愛犬連れでも楽しむことができますが、立國寺など、ワンちゃんの立ち入りをお断りしている施設も多少あります。

いずれにせよ、養老渓谷観光というのはかなり「歩く」のが鉄則なので、一緒にお散歩できる絶好の環境といえます。

渓谷沿いもワンちゃん連れの方がいらっしゃいますが、もし落ちたら命の危険に繋がります。いつもより慎重にリードを、できればハーネスも併用して観光するようにしましょう。

道の駅・グルメ

観光客で賑わう山の駅

山の駅喜楽里

駐車場:無料

車で養老渓谷に訪れたらまず立ち寄りたい拠点的スポット。観光パンフレットも手に入るので絶対おすすめです。

有料が多い付近の駐車場のなかにあって、リーズナブル派にとってはありがたいオアシス。どこに行くか迷ったらここでひと休みして次の行き先を考えましょう。

山の駅の中ではお土産が手に入るほか、テラス席と店内席がある食堂が人気です。山菜を生かしたそばが中心のメニューで味にも定評があり、道の駅系としてはリーズナブルにお腹を満たすことができます。

屋外にはホットドッグや大きなハンバーガーを作って販売するキッチンカーがあります。コーヒーやソフトドリンクの種類も豊富で、こちらも若者を中心に列ができるほどの人気です。

黒湯の看板

温泉郷・宿泊施設

駐車場:周辺にあり

養老渓谷といえば「温泉」をイメージする方も多いはず。さすがに神奈川県などの温泉名所には及びませんが、中瀬遊歩道付近の中心街には、黒湯をはじめとした名物温泉が立ち並んでいます。

2021年11月では、黒湯の温泉が7ヶ所、透明の温泉が3ヶ所、うち日帰り入浴が可能な施設が8ヶ所となっています。

日帰り入浴の相場はひとり1,000円前後といったところです。宿の情報も合わせて詳細はこちらのページでご確認できます。

カフェ「山猫」の外観

食事どころ

駐車場:周辺にあり

千葉の観光名所としては珍しく海がないためか食堂は少なめで、中心は山菜料理や川魚といったところ。

フランス料理・和食などの本格料理が味わえるお店もあり、それぞれ地元の名産を使用したメニューを用意されています。

なかでも、釣った魚を料理してくれる「養老渓谷釣り堀センター」の「お食事処つりぼり」が特徴的でおすすめ。観光の楽しい思い出となりそうです。

養老渓谷観光のおトイレ事情

自然観光をするに当たって意外と盲点になるのが「おトイレ」。せっかくの楽しい観光も我慢をし続けていると楽しさも半減です。

養老渓谷の名所付近のトイレは簡易式がほとんどで、いつもシャワー付きばかりな現代人にはちょっとキツイかも。

豪華なトイレは食堂や宿にしかないため、駆け込み寺ともいえる「山の駅・喜楽里」には“催した人”が大勢訪れ、常時混雑しています。

宿を利用する人はそこを拠点にできますが、日帰りの方は簡易的なトイレで用を足す心構えをしておきましょう。

近隣のおすすめ観光地

桜が咲く大多喜城

大多喜町)養老渓谷とセットで楽しめる距離にある大多喜城は、近隣に道の駅もあるので養老渓谷観光の帰りにおすすめ。

屏風岩が望める遊歩道

御宿町)砂浜と海の景色を歌詞にした「月の沙漠」で有名な観光地は神社・寺院も豊富な歴史探訪スポット。
静かな場所でのんびり観光したい方におすすめです。

勝浦市の八幡岬公園とお萬の像

勝浦市)海岸の地形を生かした絶景スポットが豊富で、同時に海の幸とタンタン麺のグルメ旅も楽しめる観光都市勝浦。
サンセット海岸巡りも楽しいので、日が暮れるまで遊べるエリアです。

鋸南町の鋸山にある地獄のぞき

鋸南町・鋸山)地獄のぞき・日本一大きな大仏など見どころたっぷりの鋸山は、ロープウェーから見る景色だけでも行く価値ありの絶景観光地。
鋸南町は海鮮料理店が豊富で道の駅もおすすめです。

記事を書いた人:観光担当・みどり

千葉といえば海!とイメージする方は多いかと思いますが、内陸にある山と渓谷も魅力たっぷりです。

そのなかでも私が好きなのはやっぱり養老渓谷。「小湊鉄道」「いすみ鉄道」でのんびり旅をしてみたいのですが、取材のために車で訪れているのが現状…

取材抜きにしてローカル鉄道&養老温泉、ハイキングをゆっくり楽しむのがプチ夢なのでした。