勝浦観光

勝浦市の観光名所 かつうら海中公園 おさかな村 勝浦朝市 遠見岬神社 八幡岬公園 鵜原理想郷 香取市の観光マップ かつうら海中公園 勝浦駅 勝浦朝市 鵜原理想郷 市営駐車場 八幡岬公園 行川アイランド駅 おせんころがし 遠見岬神社 おさかな村

千葉県随一の青い海が自慢で、リアス式海岸・入り江などさまざまな海の地形を見ることができ、少し高台まで歩くと絶景スポットが点在しています。

そんな地形を生かした海水浴場も豊富に点在。海が綺麗なだけでなく波の穏やかさも人気の要因です。

漁港もあるので獲ったばかりの鮮魚が味わえる食堂が選び放題。近年では多くの食堂が観光促進のため、その店オリジナルのタンタンメンを創作・提供するようになり、ますます楽しみが増えました。

「食べる」=海の幸とタンタン麺、「海」=千葉屈指の青さ、「景観」=海岸高台の絶景…などなど、観光要素のすべてが高クオリティな観光都市です。

観光名所

荒い波とかつうら海中公園展望塔

勝浦海中公園

海中展望

駐車場:2時間200円(以降1時間100円)

入場料金:おとな160円〜980円など(透明度が高くなるほど料金が上がります)

海域公園と、沖に向かって60メートル先にある海中展望塔などの一帯の名称です。

水深8メートルの海中にある展望塔からは、自然の海の環境で育った魚たちのようすを見ることができます。

観られる魚はその日によって変わりますが、小さなサメが出現することもあります。

地上の景色もなかなかの絶景で、水平線が丸く見える場所や、遠くにそびえる灯台は絶好のフォトジェニックスポットです。

園内の施設も充実しており、海を望めるレストランやタンタンメンや海産物の名産品が並ぶお土産ショップ、海の生態系の学習ができる資料館などがあります。

散歩をしながらのペットとの入場はできませんが、ゲージに入れると可能です。

鵜原理想郷の鐘

鵜原理想郷

歩く景観

(うばらりそうきょう)

駐車場:10台(無料)

リアス式海岸でできた、地図で見ると半島のように見える複雑な地形の名所です。与謝野晶子をはじめとした歌人などにこよなく愛されてきた場所でもあります。

駐車場があるので車で行くことも可能ですが、駅から近いので電車でのアクセスも便利です。JR「鵜原」駅から鵜原理想郷の入口までは徒歩10分とかかりません。

入口にはとてもわかりやすい案内があり、道中もハイキング客用の道標が立てられているので安心です。

寄り道せずに周ると2,300メートルのコースは、まずは手掘りのトンネルから始まり、自然味溢れる遊歩道を進み、海中展望塔などの海の景色を眺めつつ「手弱女平(たおやめだいら)」を目指します。

そして篠田悌二郎の句碑などを観ながら「毛戸岬」や「白鳳岬」「黄昏の丘」の絶景ポイントへ向かいます。

健康的にハイキングをしつつ絶景を楽しみながら日本の文化を楽しめる名勝です。

多くの人が利用している墨名市営駐車場

市営駐車場

墨名という場所にあり、正式名は「墨名市営駐車場」です。普通車157台、うちしょうがい者用スペース9台、大型車用14台という巨大な無料の駐車場です。

車を利用するならまずここを目指すがベター。無料というのがかなり嬉しいメリットです。

駅前にも駐車場がありますが、台数が乏しいうえ有料となっており、しかもこの市営駐車場からたいして離れておらず、あまり利用する意味がありません。こちらを利用しましょう

勝浦朝市の開催場所・遠見岬神社中央海水浴場・漁港すべてに近いのもおすすめポイント。朝早くから夜遅くまで利用できるので、朝市に行くのにとても便利です。(2022年1月は6時半から22時まで)。

無料市営駐車場入口の看板
グーグルマップからでもアクセス可能で、近くまで行くと大きな看板があるので安心です。利用時間は季節ごとに変化する可能性があるので、ここで確認しておきましょう。
広々とした墨名市営駐車場
収容台数は150台以上。海水浴シーズンでも満車になることは稀ですが、万が一のことも考えて付近のパーキングもチェックしてから訪れましょう。
施錠時間の案内と付近の住宅
施錠時間は看板でチェックできます。付近に住宅があるので特に夜は周辺に迷惑を掛けないように気をつけましょう。
一心不動尊の説明書き
駐車場内にトイレがあるのも嬉しいポイント。利用者の心がけによってトイレの清潔さが保たれています。お隣には自動販売機が。お帰りの際に用を足してドリンクも購入。準備万端にして出発しましょう。

行川アイランド駅

かつてはテーマパークに訪れる方が利用していたJRの駅のひとつですが、現在ではトレッキングの方が1日に10数名利用される程度の無人駅となっています。

駅前にはお店も何もありませんが、かつての行川アイランドの駐車場・チケット売り場跡は見ることができます。ただし敷地内は立入禁止になっており、ロープが張られています。

電車で観光される方はもちろん、駅前に駐車スペースもあるので、お車の方でも簡単に見ることができます。ちなみにすぐ近くにおせんころがしという絶景スポットがありますよ。

行川アイランド駅の入口と自動改札
無人駅ですが綺麗に整備されています。1日の乗降数が20以下とは思えない雰囲気。待合室完備の立派なミニ駅です。
駅からテーマパークへの通路
かつてはここから歩道橋を渡って行川アイランドに向かっていました。思い出の場所となっている方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
行川アイランド入口とチケット売り場跡
少し歩くとテーマパーク用の大きな駐車場(立入禁止)と、入口のトンネルが見えてきます。ここから先には行けません。
関東ふれあいの道ルート案内看板
市が推奨するトレッキングコース「関東ふれあいの道」は、この行川アイランド周辺も含まれています。お散歩がてら雰囲気を味わってみてください。

神社・寺院

遠見岬神社の鳥居

遠見岬神社

歩く景観

駐車場:10台弱(無料)※徒歩約5分の場所に大型無料駐車場

下から見るとギョっとしそうな長い階段は富咲の石段といい、遠見岬は富咲に通じ、「この石段を登ると富が咲き、幸せになる」という言い伝えがあります。体力に余裕があれば是非挑戦してみましょう。

ちなみにひな祭りの時期には階段が雛人形で埋め尽くされます。コロナによって開催がされない可能性もあるので、神社のFacebookでチェックしましょう。その他、桃の節句専用の御朱印など、さまざまな催しも紹介されています。

お散歩目的の方にもおすすめで、ちょっと体力を消耗しますが階段の途中から見える海の景色は特筆もの。頑張って登った分感動もひとしおです。

神社の付近には多くのガイドブックでも紹介されているタンタン麺のお店などがあります。シーズン中は並ぶこともあるので、食事も目当ての場合はお昼どきから少しずらすのがおすすめです。

神社用の駐車場がありますがとても小さいので、市営の無料駐車場を利用しましょう。そちらからでも徒歩圏内なのでだんぜんおすすめです。

謹賀新年の看板
この日は1月の初旬だったので、初詣客で賑わっていました。ひな祭りの季節には階段が雛人形で埋め尽くされるなど、その時期によってイベントが開催されるので、ホームページでチェックしてみましょう。
参拝客のおみくじと御札
女性に人気の神社だけあって、おみくじや御札もどころなくおしゃれで可愛い感じがあります。参拝客の多い理由がよくわかります。
富咲の階段の案内板
カップル受け抜群の富咲の階段。カップルでなくてもここまで来たからには登らないともったいないですよね。
神社内の小さな鳥居
神社の中にはところどころに小さな鳥居があるので、神社好きの方であればプチ登山しながら楽しめる絶好のお散歩コースといえそうです。
右手に絶景が見える遠見岬神社の階段
階段を登っていくと、右手の視界が広がってきました。ここから本堂までの階段は絶景のお散歩コースとなります。足に来ますが、踏ん張って歩きましょう。
曇った景色と海
曇っているのでとても絶景といえませんが、遠くに海が見えます。写真よりは実際のほうがだいぶ快適です笑。
頂上にある鳥居
長い階段とのぼり坂の終点です。鳥居が出迎えてくださいます。健脚の方なら5分程度で到着します。
鳥居の間から見える海
鳥居をくぐって振り返ったところです。海の景色が一望できるのがわかります。景色も素晴らしいですが、季節限定の御朱印やおしゃれな御守など、季節ごとに訪れても楽しめる神社です。

特産・土産・グルメ

朝市開催の様子

勝浦朝市

土産野菜

駐車場:あり

市が誇る、400年以上の歴史がある青空市場です。天正19年に産業振興のために開かれたのが始まりと言われていますが、天正19年というのはなんと「安土桃山時代」で、豊臣秀吉が活躍していた時代という歴史の長さです。

朝市で並ぶ新鮮な農産物だけでなく、地元の方と訪問客のコミュニケーションも朝市観光の魅力。普段は味わうことができない新鮮な体験をすることができます。

車を利用する場合は市営駐車場を利用します。6:30から空いているので、早朝に出発しても大丈夫です。

JR「勝浦」駅から徒歩10分程度の場所で開催されるので、電車でのアクセスも可能です。

ホームページFacebookで随時情報を更新しているのでチェックしてみましょう。

駅前にある土産物ショップ

勝浦駅前

お土産

駐車場:2時間まで200円

意外?にも市内にはこれといった「道の駅」がありません。朝に訪れた場合は朝市で新鮮な名産や土産が手に入りますが、午後になるとちょっと迷うことがあるでしょう。

そのような場合、水産物ならおさかな村ですが、オーソドックスなお菓子・クッキーなどが欲しいなら駅前の土産ショップがおすすめです。駅の改札を出て階段を降りると「おみやげ」の大きな看板があるのですぐにわかるでしょう。

ちなみに駅周辺にはコンビニが1軒と飲食店が多少ありますが、全体的に飲食店は多くありません。タンタンメンが目的で駅にくるとちょっと拍子抜けするかもしれませんね。

遠見岬神社付近にタンタン麺の有名なお店があり、その周辺にも穴場がところどころに点在するので、グルメサイトを駆使してタンタン麺のノボリを目印に、歩いて探してみましょう。

新鮮な魚の直売所・おさかな村

おさかな村

お店

駐車場:無料

市内には公式な「道の駅」はありませんが、このおさかな村は、雰囲気的に道の駅といった感じです。

ただし食堂やカフェなど滞在できる観光施設はなく、新鮮なお魚を販売している専門店です。

店内には活きの良い魚介類が多く販売され、加工品もたくさん。勝浦といえば魚介類!という方はこちらがおすすめです。

また、近隣にはキャンプ場が多くあるので、海鮮バーベキューをする方にも人気。サザエやホンビノス貝はバケツサイズで手に入るので、食欲豊富な家族やグループによく利用されています。

お土産用の加工品も数多く揃っているので、持ち帰りの時間が気になる方でもOKです。

公園・景観

八幡岬展望台にある於万の方の像

八幡岬公園

海辺展望

駐車場:無料(20台位)

夕日の絶景が見事な景観スポットですが、ひとつ間違っていたらあの水戸光圀も生まれてこなかったかもしれないという歴史的重要地点だったりします。

お萬という勇気ある女性が、14歳のころに敵に攻めて来られた際、幼い弟を背負って母と一緒に崖に布を垂らして降りたという話があります。

その話は「お萬の布ざらし」という有名な逸話で、助かった後に徳川家康に娶られ永光院という名前となり、こどもを産み、さらにそのこども(孫)が水戸光圀だということがこの岬に書かれています。

永光院は家康死去のあとは改名して仏門の人となり、多くの人を助けてきました。そんな素晴らしい人物が、この八幡岬公園のシンボルとなっています。

ちなみにお萬の方は八日市場市(現在の匝瑳市の一部)に飯高檀林を建立したことからも、千葉県とゆかりの深い人物といえそうです。

そのお萬の方の像がある場所は絶景スポットとなっており、見事な水平線を望むことができます。夕日の景色がとくに綺麗なので夕方がおすすめで、締めくくりに絶景を眺めに訪れてみましょう。

崖の横にあるおせんの碑

おせんころがし

海辺展望

駐車場:無料(10台弱)

市内にある海辺の絶景観光スポットの中でも一番スリルがある場所です。崖がむき出しになっていて、その下はその名のとおり断崖絶壁です。

地名は、強欲な豪族のひとり娘で、日頃から厳しい年貢の取り立てをする父に心を痛めていた「おせん」が、殺害されかけていた父の身代わりとなって身を投げ、それを知った住民たちが死を弔うために碑を作った、という話が由来となっています。

ちなみにその父は、それがきっかけで心を入れかえたそう。という話がここに彫られています。

車で訪れるには、九十九里浜方面から南下してきた場合、トンネルの手前に空き地があり、そこに皆さん車を停めています。

海に向かって歩いていくと、「おせんころがし」の案内標識が現れるので、それに従っていくとすぐに辿り着きます。