稲毛海浜公園

TOP > 千葉市観光・公園レポート > 稲毛海浜公園

海岸で遊んでいる利用客
海岸で遊んでいる利用客

更新情報・お知らせ

2022/6/19
ページをリニューアルしました。

千葉市で唯一海水浴場ができる稲毛の浜とSUPなどのマリンスポーツができる検見川浜、さらには大型プールにグランピング施設も整って、身近なバカンススポットとして確立した稲毛海浜公園。

公園らしい利用がしたい方に嬉しい歩道も充実しており、幕張まで続いている開放感抜群の海岸沿いから季節の樹木を見られる景観コースなど、バラエティに富んだ景観を楽しむことができます。

千葉市メニュー

海岸レポート

稲毛海浜公園の敷地内には、白い砂浜とグランピング施設、さらにはカフェが楽しめる桟橋といったリゾートな雰囲気の「いなげの浜」と、年中アクティブにマリンスポーツが行われている「検見川の浜」という2つの海岸があります。

いなげの浜

1976年に開設された歴史ある人工の海浜で、長さは1.2キロメートルにおよび、首都圏のなかでは最大級の砂浜という位置づけの海水浴場・海岸です。

隣の「検見川の浜」と、幕張の浜と海岸が繋がっており、それも合わせると4.32キロメートルという距離になりますが、夏に公設の海水浴場としてオープンされるのはこの「いなげの浜」のみとなっています。

いなげの浜で水遊びをする家族たち
海水浴場開設時期以外の遊泳はご遠慮ください。

白い砂浜の秘密

いなげの浜は、かつての遠浅の海をよみがえらせるため昭和51年4月に開設された日本初の人工海浜で、2019年のリニューアルではオーストラリアから真っ白な硅砂を持ち込んで、リゾート感溢れるビーチと生まれ変わりました。

大勢の海水浴客がいる時期や雨の後などは砂が水分を含んでくすんだ色に見えるので、写真のような真っ白な風景は、冬のいなげの浜の風物詩といったところです。

真っ白ないなげの浜のビーチ
寒い時期には白さが増すいなげの浜ビーチ。

新リゾート空間

2022年4月にはおしゃれな桟橋のような場所が新設され、そこに自由に出入りできるラウンジにはくつろげる椅子が用意され、カフェ&休憩所「The SUNSET Pier & Café」としてオープンしました。

カフェでご購入したセレクトビールやソフトドリンク、ポップコーンなどのスナックなどを、潮風が心地よい席に座って海を見ながら味わうことができます。

7月から9月には「エクストラバーカウンター」も出現する予定となっており、ちょっと地味だったいなげの浜の海水浴場が、おしゃれなリゾート空間に変化しつつあります。

新設で賑わうサンセットピア&カフェ
いなげの浜に新設されたThe SUNSET Pier & Café。

検見川の浜

いなげの浜と比較するとビーチ自体の長さは短くなりますが、ヨットハーバーがから出航するヨットほはじめ、ウインドサーフィンやSUPなど緩い波系のマリンスポーツを楽しむのに絶好の海岸です。

ウインドサーフィン・SUPの体験スクールも常時活動されており、夏はもちろん冬でも体験が可能なので、暖かい日を選んで試してみてはいかがでしょうか。

検見川の浜のビーチを拠点に遊んでいる人たち
広い砂浜にはテントの設営も可能。

充実の設備

検見川の浜がマリンスポーツのメッカとして安定した人気を得ているポイントのひとつは、更衣室・シャワーなどの設備が充実している点が挙げられます。

着替えは自由に出入りできるヨットハーバーの更衣室が利用可能で、海に入った後は8基の蛇口を擁する充実のシャワーエリアで気持ち良く塩水を洗い流すことができます。

検見川浜の屋外シャワー施設
数が多いので順番待ちの心配なし。

冬でもマリンスポーツ

検見川の浜には冬でも「寒ければ動いて体を温めればいい」といったアクティブな発想の方々が、SUPやウインドサーフィン、ヨットなどを日課として楽しんでいらっしゃいます。

ウインドサーフィンやSUPのショップも夏と変わらず開店しているので、冬に体験をして春に練習を重ね、夏を迎える前に一人前になっておくという作戦で「熱い」季節を迎えるのはいかがでしょう。

冬の検見川の浜でマリンスポーツを楽しんでいる人たち
あえて寒い時期に挑戦するツワモノたち。

遊べる情報

千葉県でもトップクラスの「遊べる公園」である稲毛海浜公園ですが、近年では民間業者のサポートも加わって、身近な巨大リゾート施設となりつつあるようです。

プール

稲毛海浜公園には、単独でもリゾート施設として成り立つようなバラエティに富んだ超大型のプールがあり、近隣のみならず県外からも多くの利用客が訪れ、短い千葉の夏を存分に楽しんでいます。

レジャー施設と言える所以としては、場内に設置されたリーズナブルなレストラン、テント設置可能エリアなどが挙げられ、休憩しながら長時間楽しめるような工夫が随所に見られます。

開園前の巨大プール
遊園地のようなリゾートプール。

芝生広場

海岸沿いに広がっているという点が最大の特徴であり魅力ともいえますが、芝生広場もその長所を生かし、海が見える開放的な場所に作られています。

広さも十分に確保されているので、レジャーシートはもちろん、テントやタープを設置して休日バカンスの拠点にしている方も大勢見受けられます。

芝生広場に並ぶテント
自然公園のような規模の大きさ。

ピックニック広場

芝生広場の隣にあるピクニック広場は海から若干遠くなりますが、屋根付きの東屋とベンチが数箇所設置されており、テントなしでも気軽にお弁当を広げてくつろぐことが可能です。

繁忙期には隣りにある稲毛記念館の敷地内にタコスなどの屋台が出ていることがあるので、お弁当なしで手軽にピクニックを楽しむことも可能です。

東屋が設置されているピクニック広場
競争率が高い快適な東屋。

遊具広場

一般的な公園の遊びが好きな方には公園中央付近にある広場(正式名:パルコース)がおすすめで、ネットで作られたジムをはじめ、オーソドックスな滑り台やちょっと風変わりなブランコなどで遊ぶことができます。

ロープの遊具で遊ぶこども
大きな遊具は少なめです。

施設情報

数年前までは、使用していなそうな古い施設が目立っていましたが、こちらも民間業者の活躍によって無駄が取り除かれ、皆が楽しめる施設へと生まれ変わりつつあるようです。

宿泊(グランピング)施設

2021年春に新設・オープンしたグランピング施設&バーベキュー(宿泊者限定)エリアは、稲毛の浜と隣合わせになっているので、夏は「海水浴&バーベキュー&らくらく宿泊」という贅沢な3点セットを手軽に楽しむことができます。

受付もある管理棟にはテラス席がおしゃれなカフェがあり、宿泊者はもちろん一般の方でも、避暑地にいるようなリゾート気分を味わうことができます。

詳細はこちら:smallplanet公式ページ

グランピング敷地内に置かれたテント
お隣との距離が気になる方にも。

スポーツ施設

テニスコート

テニスコートは、千葉県のなかでも最大級の規模を誇っており、ハードコートが9面、クレーが4面で合計13面というコート数になっています。

この規模にしては珍しくナイター施設がないのは残念なポイントですが、都心に近い割に料金がリーズナブルなこともあり、休日・平日ともに多くの方が利用しています。

ポートタワーが望めるテニスコート
千葉ポートタワーが望める好環境。

野球・球技場

野球場は観客席とナイター施設がない簡易タイプで、軟式の草野球もしくはソフトボール向きの2面があり、内野部分が土で外野が天然芝のオーソドックスな球場となっています。

サッカーができる球技場にはナイター設備が設置されており、21時まで使用することが可能となっていますが、試合での利用に限定されています。

誰も利用していない時間の球技場
こちらは照明付きのサッカー場。

多目的運動場

さまざまな球技などで利用されている多目的運動場は、団体利用一般に開放される時間があらかじめ決められており、入口にあるカレンダーによって確認できます。

多目的運動場でアメリカンフットボールをしているグループ
この日はアメフトが行われていました。

稲毛記念館(休憩スペース)

かつては淋しげな建物で人が見られなかった建物でしたが、所有者が民間となってからはコーヒーのディスペンサー(有料)などが置かれた休憩所として開放されました。

そのおかげで記念館の時代から展示されていた貴重な稲毛の写真も多くの人が見るようになって、一石二鳥といえそうです。

無料休憩スペースの稲毛記念館外観
博物館のようで、休憩所です。

野外音楽堂

ステージと観客席が整った綺麗な音楽堂がありますが、近年かなり露出が減って存在感が薄くなっている施設のひとつとなっています。

ですが、この野外音楽堂も、管理者がグランピング施設を運営する民間業者に変わったので、今後の有効活用が大いに期待できそうです(編集長の主観)。

休憩可能な野外音楽堂
常にきれいに保たれています。

レンタサイクル

千葉県の公園のなかでも最大級の面積を誇るため、端から端まで徒歩で移動するのはかなりハードです。

そんな時に心強い味方がこの好きな場所に返すことができるという「ハロー・サイクリング」で、アプリで会員登録すれば利用できるので、海岸を自転車で颯爽と駆け抜けたい!方におすすめです。

ただし、車で来園している場合はまた同じ場所に帰ってくることになるので、結局ここに返すことになりますが…それはそれで問題ナシ!ですね。

ハロー・サイクリングのレンタル自転車置き場
多目的運動場の近くにあります。

フラワーミュージアム(改修中)

(2022/4/1から1年半改修予定)

クラシックなスタイルでオールドファンが訪れていたフラワーミュージアムですが、施設の老朽化と、稲毛海浜公園に吹き込んでいる風(民間企業)によって大きな近代施設に生まれ変わろうとしています。

花と緑を満喫するというコンセプトイメージはそのままに、各施設の大幅な改修とドッグガーデンの整備などがされる予定なので、お花に興味がなかった方でも花好きになるきっかけとなりそうな…そんな予感と期待感が持たれます。

改修する以前のフラワーミュージアム本館
改修前のフラワーミュージアム。

景観レポート

海が魅力の公園ではありますが、鑑賞池や樹木が豊富に植えられている歩道沿いなど、自然を生かした景観の良いお散歩コースを随所に見ることができます。

浜の池

芝生広場の端のほうに大きな花時計が見られますが、その向かいにはそこそこの大きさを持つ池があり、周辺には観賞用のベンチがいくつか設置されており、訪れる野鳥を鑑賞しながら軽食や休憩が楽しめます。

野鳥に餌をむやみにあげてしまうと、静かに鑑賞している人だけでなく環境のためにも悪影響を及ぼすので、可愛らしさのあまりつい…とならないようにガマンしましょう。

集団で泳ぐ浜の池の鴨
鴨の家族が大集合中。

ジョギングコース

稲毛海浜公園に設けられている歩道のほとんどは、端にラインが引かれていて、定期的にジョギングやトレーニングをしている方の距離の目印にもなっています。

一見「自転車のコースかな?」と思ってしまいそうな雰囲気ですが、自転車でそのラインの上を通るとランナーと交錯する危険性があるのでご注意ください。

歩道に書かれたジョギングコース案内
ラインの上は通らないのが無難です。

グルメ情報

長時間滞在型のリゾート的な公園なだけあって食事の施設もかなり豊富ですが、知らないと見つからないような穴場的なスポットもあるので、事前にお店の場所とメニューを予習しておきましょう。

ヨットハーバー3F

レストランヴェスプチ

建物の外からは分かりづらいですが、ヨットハーバーの3階には、海が望める席が人気のレストランが入っており、昼はイタリアン系ランチ、夜は中華料理のメニューが中心となっています。

エレベーターの入り口にあるレストランの案内
このエレベーターで3階に上がります。

バーベキューテラス

ヨットハーバーの3階には海を眺めながら楽しめるバーベキューテラスも用意されており、食材・調味料などは自前で用意することになりますが、コンロ・テーブル・椅子・炭(3kg)・着火剤・網・トングのレンタルは基本料金に入っており、別料金でテントの貸し出しも行っています。

インターネットでの予約は受け付けておらず(取材時)、お店に直接電話するシステムとなっています(詳しくはこちら

バーベキューテラスがあるヨットハーバー
高台から海を眺めながらのバーベキュー。

ザ・サーフ・オーシャンテラス

レストラン

(イベントによる臨時休業あり)

検見川の浜付近にあるおしゃれな建物はウエディングや各種イベントの会場としてもよく利用されている施設で、2階はレストラン・1階は屋外の席でくつろげるカフェとなっています。

レストランは、フレンチがベースとなっている魚介料理が中心でランチプレートは1,500円(取材時)、海を見ながら食べられる席も好評で、食べログでも高い評価を獲得しています。(詳しくはこちら

2階にあるオーシャンテラスのレストラン
入口はカフェの裏側になります。

カフェ

1階部分はをセルフ式のカフェ・スイーツコーナーとなっており、屋外のテーブル・ソファなどを利用できるほかビーチに持っていくことも可能で、ソフトドリンクはもちろん、タピオカ・アルコールなどのメニューも人気です。

検見川の浜にあるオーシャンテラスのカフェ
4人までかけられるテーブル席。

屋台レポート

旧ビーチセンター付近

いなげの浜付近はゴールデンウィークあたりから露天の数も増えてきて、まだ開設していないにもかかわらず海水浴場のような雰囲気になってきます。

写真は6月の盆の晴れ間でしたが、かき氷が大人気で、砂浜にはテントが並んでいたので、どう見ても海水浴場…といった感じでした。

海岸脇で出店している屋台
氷の文字につい惹かれます。

芝生広場横

6月の取材時には、いなげの浜のような目立った場所だけでなく、稲毛記念館の敷地内にもタコスなどのお腹を満たす系の屋台が数カ所出ていました。

となりに芝生広場があり家族連れが多いためか、お腹を減らしたこどもやお父さんの姿が頻繁に見られました。

芝生広場の横に陣取った屋台の車
食事とスイーツどちらも満たせます。

おすすめ撮影スポット

春から夏にかけては人が多く撮影に向いていないので、比較的来園者が少ない冬の海のワイド写真や野鳥などのマクロ写真を狙うのがおすすめです。

冬のいなげの浜

いなげの浜の砂浜は、海の色と超対象的な鮮やかなホワイトサンドなので写真映えが抜群なのですが、春と夏は人と海水によって濁った色になってしまいます。

ですが冬は写真のような鮮やかな真っ白の姿を見せてくれるので、「千葉市内にこんな白いビーチが!」と皆をビックリさせてみましょう。

真っ白ないなげの浜の砂浜
冬ならではの白いビーチ。

冬の池

園内には意外(?)と大きな池があり、とくに冬は多くの野鳥(ほとんど鴨)が訪れ、その数も結構すごいので、さまざまな場所から鴨の仲睦まじい親子の姿や、どアップのマクロ写真を撮影することができます。

同じ大きさの鴨の群れ
お好きな被写体さんをお選びください。

愛犬家のための情報〜

海岸沿いの歩道は直線が長ーくつづく快適な歩道なのですが、その分自転車のスピードも速いので、とくに子犬をお連れの方はできるだけリードを短く持ってお散歩しましょう。

愛犬とお散歩おすすめ度:3
★★★☆☆

敷地内の歩道はとても幅が広く、いなげの浜・検見川の浜・芝生広場・公園の外周路などワンちゃんとお散歩できる場所も多岐にわたっていますが、自転車やランナーが多く安全な場所が少ないのが残念なところです(下につづく)。

整備状況が良くない以前の歩道
以前の歩道の景色です(before)。

磯の松原散策路

(上からのつづき)2022年以前はそんな残念な状態(おすすめ度2)でしたが、民間業者が開発に加わったということもあってか(?)、海岸沿いに「磯の松原散策路」という、ワンちゃんとのお散歩に最高ともいえる道が完成しました!

この散策路は、海岸沿いの広い道路の横に設けられており、ゆっくり歩くと15〜20分ほどかかりそうなので、小型犬のお散歩にはちょうど良さそうな長さとなっています。

とはいえ、駐車場からこの散策路までのあいだに危険な道はたくさん通らなければならないので、自転車とランナーへの注意を怠らないようご留意ください。

新たに設けられた綺麗な歩道
綺麗に歩行者用に整備されました(after)。

駐車場・アクセス

テーマパーク並みの利用者を誇る大人気公園のわりには駅から遠くバスの本数も多くないので、車以外でのアクセスにはちょっと不便さを感じるかも。

駐車場は3箇所ありますが、目的地と離れた場所に置くとかなり歩くことになるので、最初に見つけた入口にあわてて入らないように、あらかじめ駐車場の場所を頭に入れておきましょう。

駐車場

駐車場の料金は繁忙期とそれ以外で変動し、営業時間も一定ではないため、あらかじめ公式ホームページで確認しておき、実際に到着してからも看板を見るなどして再確認をする必要があります。

料金案内はこちら

繁忙期以外の駐車料金表
時期によって料金が変わるシステムです。

第1駐車場

プールといなげの浜がいちばん近いメイン駐車場で、閉門時間も第2駐車場よりも遅い(取材時)ため、多くの方はこの駐車場を目指してくることになります。

混雑気味の第1駐車場
週末と夏休みは混雑必至の第1駐車場。

第2駐車場

広さ的には第1駐車場と遜色ありませんが、人気の施設から少し離れているのと、時期によっては閉門時間が早いため、3箇所のなかでは空いている確率が高めです。

空いているので車ごとのスペースが広い第2駐車場
空いていますが閉門時間にご注意。

ヨットハーバー駐車場

週末はSUP・ウインドサーフィンなどの利用者で賑わうのが日常となっており、時期によっては第1駐車場よりも早く満車になることがあります。

管理している団体が上記2つの駐車場と異なっているのも特徴で、フルシーズンで1日料金となっている(取材時)ので、オフシーズンに短時間利用をされる方は多少割高となります。

また、プールや海水浴場・芝生広場などを利用される際にこのヨットハーバー駐車場に置くと相当な距離を歩くことになるので注意しておきましょう。

空きがひとつも存在しない時間のヨットハーバー駐車場
満車で順番待ち状態(6月中旬の日曜)。

電車・バス

電車での最寄り駅は「稲毛海岸」駅ですが、徒歩で訪れると30分近くかかってしまうので、バスの利用が現実的となります。

バスの詳細はこちら

バスでのアクセス手段はJR「稲毛」「稲毛海岸」「新検見川」駅からとなりますが、「稲毛」駅から出ている千葉海浜交通のバスが本数が多く、「稲毛海浜公園プール」行きが冬でも運行しているのでおすすめです。

「稲毛ヨットハーバー」に直接到着できるバスが「新検見川」駅から出ていますが、本数が少ないのが残念なポイントで、利用される際には時刻表のチェックが重要ポイントとなります。

稲毛ヨットハーバーバス停周辺の景色
プール側とヨットハーバー側で異なります。

稲毛海浜公園概要

所在地 千葉市美浜区高浜(地図)
駐車場 有料(詳細はこちら
園内観光地図
(クリックで拡大)
稲毛海浜公園の全体地図
総面積 83ヘクタール
犬・ペットの入場 一部の施設を除き入場可能です。
電車・バスの場合 【プール・運動施設・いなげの浜方面】
JR総武線快速「稲毛」駅西口2番バスのりば「海浜公園プール」行きに乗車または、JR京葉線「稲毛海岸」駅南口2番のりば「海浜公園入口」行きに乗車。
【野外音楽堂方面】
JR総武線快速「稲毛」駅西口1番バスのりば「海浜公園入口」行きに乗車または、JR京葉線「稲毛海岸」駅南口2番のりば「海浜公園入口」に乗車(南高浜団地バス停がおすすめ)。
【検見川の浜方面】
JR総武線「新検見川」南口「稲毛ヨットハーバー」行き、JR京葉線「検見川浜」北口4番バスのりば「磯部高校」行きに乗車。
観光施設 プール
運動施設
ビーチ
バーベキュー広場
稲毛記念館などの建物
レストラン
ヨットハーバー
など
Googleのクチコミを見る

記事:取材班長・みどり

この稲毛海浜公園は、数多く取材した公園のなかでもトップクラスに進化が早い公園で、とくに民間業者が入ってからは、ちょっと時間を置くと情報が古くなっている〜っていう事態に陥りるようになりました。

でもそれが素晴らしい点といえることができ、クラシックな施設がどんどん実用的で素敵なリゾート施設に生まれ変わっており、欠点でもあったワンちゃん快適度も、フラワーミュージアムの改築によってさらに上昇しそうです。

(補足)当サイトは、小さなこども・ワンちゃんの安全を優先としているため、自転車の通行ができない公園を推奨する偏り(?)をウリにしていますが、さすがに巨大な稲毛海浜公園は徒歩での移動がかなり酷…ということで、レンタサイクルもちょっとだけ紹介させていただきました。