千葉ポートタワー・ポートパーク

TOP > 千葉市観光・公園レポート > 千葉ポートタワー・ポートパーク

展望の丘から見た園内全景
展望の丘から見た園内全景

更新情報・お知らせ

2022/6/29
ページをリニューアルしました。

いつもキラキラ光り輝いているポートタワーの周辺には、千葉港に面していると思えないほどの自然の風景が広がっています。

設の充実度も注目ポイントで、バーベキュー・海辺の散歩・食べ歩き・テントを張ってのんびり…といったさまざまなタイプの楽しみ方ができるスポットになっています。

千葉市メニュー

千葉ポートタワー

市内を車で走っているだけでも目に入ってくる細長いビルのようなタワーで、100メートル以上の高さから東京湾が望める展望施設とレストランは、設立当初からデートスポットとして定番の人気を誇っています。

展望施設

県民500万人突破記念として1986年に建てられた125メートルの高さを誇る展望観光施設で、2階には「恋人の聖地」に認定された「サンセットプロムナード」という名の展望フロアが、3階にはレストラン、4階にはZOZOマリンスタジアムをはじめとした市内の有名どころの景観が一望できる「ビュープロムナード」があります。

下から見上げたタワー全景
エリアのシンボル的存在です。

2階・3階・4階といってもそれぞれ低層というわけではなく、2階でも地上105メートルの高さがあり、2階と4階は美しい夜景や景色を見ることができるパノラマが、3階は絶景を観ながらの食事ができる展望レストランが自慢となっています。

恋人の聖地のモニュメント
2階の「恋人の聖地」。

10月と2月は富士山の上に夕日が浮かぶ「ダイヤモンド富士」を拝むことができる絶好のチャンスとなっており、2022年の2月は18〜27日の10日間拝むことができましたが、その状況はリアルタイムに市のSNSで発信されていました。

観光協会インスタグラム

1階ショップ

1階は入場無料で、土産が置かれている売り場とコンビニエンスストアがあり、ちょっとした乗り物系やクレーンゲームなども楽しめるようになっています。

1階のコンビニとお土産売り場
落花生などの名物が並んでいます。
クレーンゲームと乗り物アトラクション
ちょこっと遊ぶのに最適。

ポートパーク景観レポート

周辺には快適な人工海浜と緑地が広がっており、バラ園・展望の丘・ウォータープラザなど多くの施設が設けられ、近代的なタワーの景色を自然の調和で彩っています。

海辺(ビーチプラザ)

季節を問わず快適に歩けるシーサイドはのんびりと散策したい人にはうってつけで、花や樹を見て癒された後にまた違うシチュエーションでのんびりできるのは海辺ならでは。

園内から見る海とサンセットもまた格別で、駐車場も無料で利用できることもあって、ひとりでまったりする方やリーズナブルデートのカップルさんにも多く利用されています。

砂浜が広がるビーチプラザ
遊泳・入水はできません。

その他の芝生広場

いちばん人が集まるのは海岸横のビーチプラザの芝生エリアですが、広いのはイベントの開催も可能な円形芝生広場で、その他にもプライベート風で落ち着く空間が広がる展望の丘などがあります。

海辺以外の広場は基本的に人が少ないので人目を気にせずのんびりくつろぐことができますが、手入れの頻度が低いためアリさんなどが活発に働いているようです。

人がいない展望の丘
ほとんどのエリアは空いています。

ウォータープラザ

下がアスファルトになっているタイプの広場で、かつて噴水が活発に動いていた時期には水の景色を楽しむことがでましたが、取材時には水たまりがあるだけの淋しい景観となっていました。

使用されていない噴水
施設が生まれ変わる時期も近そう。

散歩コース

緑の豊富な園内と波の音が聞こえる海辺をどちらも楽しめるバラエティに富んだ散歩コースが魅力的で、もみじや桜も植えられているので、訪れた季節を味わいながらのウォーキングを楽しめます。

南国ムードが漂う歩道
5月・6月は新緑が気持ち良い歩道。

ポートパーク施設情報

使われていない施設がいくつか見られますが、ポートタワーの人気と園内敷地の広さ・環境などを考慮すると民間業者によって再開発される可能性もあるので、数年後には稲毛海浜公園のようなリゾート施設が誕生するかも!?

テニスコート

広くて休憩もできるクラブハウスが完備されている快適な環境で、周辺に植えられた綺麗な花と自然の樹木に囲まれながらプレーできる人気の施設です。空き状況・予約の方法はこちらをご覧ください。

高いフェンスに守られたテニスコート
コートの前にはお花も植えられています。

休憩施設

かつてはレストランが営業されていた建物は、取材時には広い休憩施設として活躍していましたが、近隣の大型施設のように民間業者によってこのエリアも近々様変わりする可能性もありそうです。

ポートタワーの売店や屋台のお店で買った軽食を持ち込んでくつろぐことができるので、真夏や真冬など空調が恋しい季節にはありがたい休憩所となりそうです。

オレンジの椅子とテーブルが置かれた休憩所
レストラン跡地だけあって快適。

グルメ情報

ポートタワー周辺にはいくつかの食事施設・売店があり、地上109メートル・アウトドアバーベキュー・食べ歩きなど、自分の好みに合わせた楽しみ方が選ぶことができます。

スカイラウンジ

ポートタワーの3階に「シーガルキッチン」という展望レストランがあり、絶景を眺めながらの優雅な食事やティータイムを過ごすことができます。

日曜祝日限定のホリデーランチビュッフェや15時から始まるライトミールビュッフェなど、時間によって提供パターンが変わるので、詳細情報はぐるなびにてご確認ください。

地上105メートル地点のフロア
上部3つの透明窓が2〜4階です。

バーベキュー

緑に囲まれたポートパークの芝生の一角とアスファルトが敷かれた広場などにバーベキュー広場が設けられており、飲み放題つきの食材セットが用意されているので手ぶらでも楽しむことができます。

利用はすべて予約が必要となっており、エリア外での火気使用はもちろん、ペットの同伴、ボール遊び、大音量の音楽再生なども禁止されています。その他の詳細や予約方法についてはこちらをご参考ください。

バーベキュー場のぼり旗
木陰が多い芝生エリアが人気です。

屋台

週末を中心に人の集まる場所に屋台が出店されており、取材時(6月)にはポートタワーの入口付近と元レストランの休憩所近辺に、かき氷・クロワッフル・チュロスなどが見られました。

タワー入口付近に出店している屋台
この日は2店舗でしたが、ピーク時にはもっと賑わいます。
休憩施設前に出店しているキッチンカー
「蛇口から梨ジュース」など面白メニューがいろいろ。

おすすめ撮影スポット

100メートル以上の高さからの絶景はもちろん被写体としても絵になるポートタワーですが、周辺の環境によってそのイメージが大きく変わるので、さまざまな角度から撮影してみましょう。

フラワーガーデンから見上げる

タワー周辺にはバラなどの鮮やかな花が植えられているフラワーガーデンが作られているので、その周辺からタワーを見上げるように撮影すると、華やかな雰囲気の写真がGETできます。

タワーの手前に植えられた鮮やかな花
本当はタテ長の写真ですが、都合上…。

展望の丘

海を入れるよりも緑を周辺に入れる方が都会的なビルが映えるので、周辺が森林になっている丘からのショットはかなりおすすめになります。

ただ、このあたりは人気がないこともあって芝生お手入れのスパンが長く、草の中を掻き分けて歩くような雑草の伸びっぷりなので、夏でも長ズボンの着用をおすすめします。

展望の丘から望む園内
新緑季節のおすすめスポット。

愛犬家のための情報〜

自転車乗り入れ禁止という看板はありませんが、場所がら自転車が通行することは稀で、歩行者天国といっても過言ではない環境になっています。

愛犬とお散歩おすすめ度:5
★★★★★

広い芝生広場と花壇がある歩道や波の音が聞こえるシーサイドなど、歩いているだけでも楽しいお散歩コースが満載で、安全快適にワンちゃんと一緒に過ごすことができます。

駐車場が無料なのも嬉しいポイントで、それらを踏まえると「遠くから訪れる価値もあるおすすめ環境」ですが、バーベキュー広場に関してはペットの入場が規制されているので、その点だけご注意ください。

ビーチプラザの芝生エリアを愛犬と散歩するカップル
愛犬家にとって最適な環境といえそう。

駐車場・アクセス

無料の大型駐車場と「2路線が利用できる駅から徒歩10分少々」という便利さもおすすめポイントで、車を利用される方はもちろん、電車利用の方でもスムーズに来園することができます。

駐車場

美術館横の正面入口とテニスコート横の2箇所に合わせて250台以上収容できる駐車場が(時間限定で)無料開放されており、正面側にはバスを収容できる広いエリアも設けられています。

ポートタワーを利用するなら美術館横のメイン駐車場で、ポートパークのバーベキューとテニスコートを利用される場合はサブ駐車場が近くなりますが、狭いので混雑度は高めになります。

海岸沿い(ビーチプラザ)を散歩したりプチ潮干狩りをする場合は、どちらの駐車場でもほとんど距離が同じなので、アクセス上都合の良い側を利用するのがいいでしょう。

利用可能時間はこちら

美術館側の大きなパーキング
こちらはメインの正面側です。

電車・バス

最寄り駅はJR京葉線とモノレールのどちらも利用可能な「千葉みなと」駅で、徒歩でも10〜15分といったところなので、バーベキューでアルコールを飲まれる方には嬉しい環境といえそうです。

駅の広場に設置されたモニュメント
駅からのルートも快適です。

千葉ポートタワー・ポートパーク概要

所在地 千葉市中央区中央港
駐車場 約250台(無料) 
総面積 28.3ヘクタール(東京ドーム約6個分)
園内観光地図
(クリックで拡大)
千葉ポートパークの全体地図
電車・バスの場合 千葉都市モノレール・JR京葉線千葉みなと駅から徒歩約12分
JR千葉駅12番のりばより中央・小湊バス「千葉ポートタワー」行で終点下車
Googleのクチコミを見る

記事:取材班長・みどり

個人的には東京湾エリアにある3大施設(ここと稲毛・幕張)のなかでいちばん好きな場所で、もしまたワンちゃんと一緒に住むようになったら第一候補は千葉みなと駅付近かなあ…と思っています。