青葉の森公園

TOP > 千葉市観光・公園レポート > 青葉の森公園

彫刻広場と新緑
彫刻広場と新緑

更新情報・お知らせ

2022/6/21
ページをリニューアルしました。

数々の大会でも利用さる本格的なスポーツ施設を所有する青葉の森公園は、彫刻広場や生態園などの個性豊かな自然設備やアートなどが多く見られる文化を重視した公園です。

千葉市メニュー

景観レポート

巨大な面積を生かした開放的な芝生広場と桜などの樹木の多さが自慢の青葉の森公園ですが、少し中に入っていくと生態園などの森のような雰囲気の場所も見ることができます。

芝生広場

中央広場・お花見広場・わんぱく広場といった3つのタイプに分かれており、それぞれが野球場並の広さなので、テントを広げてのびのび遊ぶことが可能です。

わんぱく広場には長い滑り台をはじめとしたカラフルな複合遊具があり、周辺には早咲きの河津桜も見られるので、寒い冬でも親子で楽しく遊ぶことができそうです。

カラフルな色の大型複合遊具
こどもで賑わうわんぱく広場の複合遊具。
広々としている芝生広場で遊ぶ人々
大きな樹木の下にはテントが並びます。

桜の景色

青葉の森公園は樹木の多さも自慢の一つで、桜の量も巨大公園ならではといった量を誇り、おはなみ広場はもちろん、園内のお散歩コース・芝生広場など至るところで見事な景観を拝むことができます。

桜の前で撮影する花見客
桜並木が見事なお散歩コース。
正式なおはなみ広場
オーソドックスなお花見ならココで。
豪快な桜が並ぶ芝生広場
芝生広場にも豪快な桜が並んでいます。

青葉が池

青葉の森公園の園内はほぼすべてが開放感のあるお散歩コースとなっていますが、その多くは芝生の景色といったところで、自然と池に囲まれた青葉ケ池の周辺は貴重なお散歩コースといえそうです。

青葉が池の景色と脇の遊歩道
池の横は公園随一の景観歩道です。

彫刻広場

大通り沿いの西口駐車場から入って階段を上ると大きな彫刻が随所に現れますが、そこは彫刻の広場となっており、著名な方のユニークなパブリックアートを見ることができます。

高台になっている彫刻広場と休憩用ベンチ
見晴らしの良い高台にある快適な広場。

施設情報

本格的なスポーツ施設が有名な青葉の公園ですが、自然を保護する環境も充実しており、とくに、彫刻広場の隣の中央博物館の手前にあり森林のような一帯「生態園」は、珍しい動植物を保護している貴重な自然園です。

生態園

生態園は、海岸植生から始まり、照葉樹林、モミ林、イヌシデ・コナラ林などが見られ、乾いた草地に見られる多年草であるスズキ草地からシラカシ林、保存林、マダケ林、湿地林と続いていき、途中には野生ランなどの希少植物も見られ、保護するための木枠ごしに見ることができます。

※お休みの場合あり・ワンちゃんの入場不可です

植物の説明書きと生態園の入り口
自然保護のため入口はひとつです。

また後半には舟田池という小さな池があり、そこには鴨や魚、さらにはトンボなどよく見られる生物から、蛙・ザリガニなどが生活しており、野鳥観察舎もしくはイラストの説明で詳しく知ることができます。

生物のイラストと野鳥観察舎
野鳥観察舎は閉まっている場合があります。

さらに生態園では、生だけでなく2億年前の石から化石が入っているかもしれない礫岩、マントルを作る蛇紋岩など房総に存在しているいろいろな岩石を岩石観察地マップと照らし合わせて見ることができ、岩石に興味がある方のサポートもしています。

生態園の岩石所在地マップ
2億年前の石にパワーをもらいましょう。

スポーツ施設

園内には本格的な運動施設があり、なかでも陸上競技場と野球場はどちらも立ち見も含めて1万人収容が可能な本格的なつくりで、多くの大会の拠点として利用されています。

予約・料金表はこちら

陸上競技場の直線トラックコース
鮮やかな朱色のトラックが印象的。

グルメ情報

お花見広場のすぐそばにバーベキューができるスペースがあり、本格的なキャンプはできませんが、タープのレンタルなど、アウトドア好きの方が手軽に楽しめるメニューが用意されています。

バーベキュー

食材に関しては持込・購入どちらでもOKなので、慣れている方は好きなお肉や野菜・海鮮類などを持ち込んでリーズナブルに楽しむことができます。

できるだけ楽をしたい方や初心者の方には「手ぶらでバーベキュー」のドリンク・アルコール付きプランがぴったりで、アウトドア気分を手軽に満喫できるプランとなっています。

ワンちゃんに優しい施設らしくペットの入場も可能ですが、バーベキューの食材は犬には良くないので、ワンちゃんのお食事は別途用意して持参ましょう。

予約が必須となっているので、こちらから空いている日を選んで計画的に楽しみましょう。

バーベキューサービスのテーブル席と受付
下見も可能な気軽な雰囲気です。

周辺のお店

園内に大きな食堂はありませんが、西側駐車場の大通り沿いにはファミリーレストランや回転寿司など、大勢でゆったり食べられる大型店舗がひしめき合っています。

大きな芝生広場でお弁当を持参して食べるのも楽しいけれど、いつも頑張っているお母さんが楽するための選択肢、としておくといいかもです。

ココスの看板の奥に見えるくら寿司とセブンイレブン
バラエティ豊富なレストラン街。

おすすめ撮影スポット

自然が好きな方であれば生態園・青葉が池あたりがおすすめですが、お花好きに嬉しいフラワーガーデンなどカラフルなエリアも随所に点在しています。

彫刻広場には他の公園ではめったに見られないようなパブリックアートが展示されているので、SNSでウケそうな面白い撮影にも挑戦できそうです。

管理棟前のフラワーガーデン

自然が豊富な園内ですが、管理棟の前には華やかなお花がたくさん飾られており、欧風の椅子とテーブルも用意されていいるので、お母さんとの記念写真なんかにおすすめです。

カラフルな花が植えられている管理棟前のフラワーガーデン
管理棟の中には綺麗なおトイレも。

彫刻アート

西側駐車場から公園に入ってすぐの場所にある高台の広場には、訪れた人の目を引きつけるユニークで斬新な彫刻が立ち並んでいるので、上手に撮影してモダン・アートな写真(?)を完成させましょう。

彫刻広場に立っている彫刻アート
何もない空間にポツンと立っております。

愛犬家のための情報〜

ドッグランが設けられている青葉の森公園は、ワンちゃんが歩ける歩道や芝生も豊富なので、喜んで歩いてくれる場所を選んでたっぷりと運動することが可能です。

愛犬とお散歩おすすめ度:4
★★★★☆

愛犬の散歩に訪れる方がかなり多い人気のお散歩スポットなので、常連の飼い主さん同士のふれあいも多く、楽しそうに談笑している姿をよく見かけます。

ただ、広い歩道は自転車も通行できるため、散歩をする際には芝生など歩行者専用の場所を選ぶのが安全策といえそうです。

芝生広場横のお散歩に適した細い歩道
お気に入りのお散歩コースを見つけましょう。

ドッグラン

青葉の森公園にはドッグランがあるので、何度か行く予定がある方はぜひ登録してガイダンス講習を受講し、快適なドッグライフの拠点を増やしておきましょう。

登録とガイダンスのカレンダーはこちら

ドッグランの説明看板
初めての方は注意事項をご覧ください。
ドッグランの入口に掲げられた利用時間案内
利用時間は季節によって変動します。

ドッグランの脇には桜などの季節の樹木も植えてあるので、ワンちゃんの楽しい顔を見ながらお花見をする、といった充実した時間を過ごすことも可能です。

ドッグラン周辺に植えられている大きな桜
ワンちゃんと一緒にお花見をしましょう。

駐車場・アクセス

スポーツイベントの開催も考慮されて作られただけあって、車でも徒歩でも便利なアクセス環境となっており、千葉県最大級の駐車場と屋根付きの大きなバス停が用意されています。

駐車場

巨大な敷地内にそれぞれ離れている駐車場が3箇所存在しているため、何気なく入ってしまうと時間を無駄にしてしまうので、停めるべき駐車場が分かったら場所を把握し、カーナビやグーグルマップなどに登録しておきましょう。

駐車料金
(普通車・準中型車)
4時間まで300円
4時間を超え8時間まで600円
以降1時間ごとに100円増。
収容台数 約600台
利用可能時間 6:00~22:00
場所 南口、西口、北口の3箇所に駐車場があります。
駐車場それぞれの位置
駐車場利用案内地図
各駐車場前に案内があります。

南口駐車場

328台収容可能(うち大型車16台)

収容力はナンバーワンですが、テニスや野球場などスポーツゾーン、さらにはバーベキューエリアからも一番近い人気の駐車場で、平日は空いているものの週末の混雑は必至です。

300台以上収容する南口駐車場
イベント開催時には混雑する南口駐車場。

西口駐車場

146台収容可能

大通り沿いにあるため辿り着きやすいのが特徴で、わんぱく広場を拠点にする方にはこちらがおすすめとなりますが、運動施設とバーベキューエリアからはいちばん遠くなります。

目の前にファミリーレストランや回転ずし、コンビニエンスストアなどがあるので、途中で食事や買い物をされる方はこの駐車場を選択するのもいいでしょう。

大型車は南口・北口におまわりください
普通車のみ対応の西口駐車場。

北口駐車場

137台収容可能(うち大型車8台)

中央広場の芝生にテントを設営してのんびりと過ごす方にはここがいちばん近くなりますが、運動施設・わんぱく広場からはかなりの距離があるので注意が必要です。

公園北口駐車場のゲート
生態園に近い北口駐車場。

電車・バス

JR「千葉」駅または「蘇我」駅からのバスが便利ですが、巨大な公園なので目的によって利用するバスが異なります。詳細はこちら

公園の目の前にあるバス停は蘇我駅からのバスの停留所で、千葉駅を利用する場合は、少し離れたバス停まで歩く必要があるのでご注意ください。

千葉中央バス千葉そごう行き方面停留所
大きな屋根が設置されている公園前バス停。

青葉の森公園概要

所在地 千葉県千葉市中央区青葉町977-1
駐車場 約600台(4時間まで300円) > 駐車場の写真・詳細
総面積 53.7ヘクタール(東京ドーム約11.5個分)
園内観光地図
(クリックで拡大)
青葉の森公園全体地図
電車・バスの場合 公園センター・彫刻の広場・芸術文化ホール(西口)の場合
JR千葉駅より千葉中央バス(2番のりば)で星久喜台経由乗車「ハーモニープラザ」下車徒歩4分。
JR蘇我駅より2番のりばで大学病院行乗車「芸術文化ホール前」下車。
京成千原線千葉寺駅より徒歩約8分。
梅園・県立中央博物館等(北口)の場合
JR千葉駅より京成バス(7番のりば)で大学病院行乗車「中央博物館」下車徒歩7分。 JR蘇我駅より2番のりばで大学病院行乗車「中央博物館」下車徒歩7分。
つくしんぼの家・水の広場・スポーツプラザ・各スポーツ施設(南口)の場合
JR千葉駅より千葉中央バス(2番のりば)で星久喜台経由乗車「青葉の森スポーツプラザ」下車。
JR蘇我駅より千葉中央バス又は小湊バスでJR千葉駅行乗車「松ヶ丘十字路」下車。徒歩7分。
Googleのクチコミを見る

記事:取材班長・みどり

青葉の森公園は取材に行くたびクタクタになるほど面積が広いので、ご利用される方はくれぐれも拠点の近くの駐車場に停めることをご留意くださいますよう。