青葉の森公園

千葉市中央区

彫刻広場と新緑

グループ・家族で賑わう人気の大型公園。
ジョギング・愛犬への環境整備も抜群。
桜や紅葉の絶景は一見の価値あり。
四季を通じての景色が楽しめます。

更新情報・お知らせ

2021/6/20
生態園の情報を追加しました。
2021/1/1
最新情報に更新しました。

おすすめ・見どころ

巨大な桜の木

お花見

巨大な面積に咲き誇る桜の景色は見事の一言です。天気の良い日には芝生でのんびりと絶景のお花見ができます。

駐車場が大きいので入口で立ち往生することがほとんどないのも魅力のひとつ。一日楽しめる準備をして出かけましょう。

シート・お弁当・飲み物・遊び道具を忘れずに。ミニテントもおすすめです。

お花見広場の案内板
自転車が通る通路と桜の木
桜の花びら
コート脇の桜の木
歩道脇の桜
満開を過ぎた桜並木
桜の前で撮影する花見客
旧東金街道の標識

お散歩コース

公園の中とは思えないほど広々とした歩道があります。ジョギングを楽しんでいる人も多く見かけます。

手入れがきちんとされているので、歩いているだけでも快適。樹木に囲まれて新鮮な空気を吸えるので、目と心、体まで癒す事ができますよ。

また、公園の中に「旧東金街道」があります。この街道沿いに歩いて歴史を感じて情緒に浸るのもおすすめです。

園内地図看板
小さな入口
風流な歩道
公園利用の注意事項
梅園案内標識
東金街道標識
東金街道の直線
屋根のある東屋
植えられている紫の花

お花

スケールの大きな森林のなかに花壇があります、心を和ませてくれます。運動施設が有名な公園ですが、自然や植物も豊富で、一年中楽しむ事ができます。

公園センターの前には欧風のテントとベンチがあります。カラフルな景色を見ながら優雅なひとときをすごしましょう。センターにはきれいなトイレもあるので小休憩におすすめです。

丸い花壇
広大な花の景色
カラフルなお花とベンチ
管理事務所の中
のびのび使える芝生広場

芝生広場

小さくて落ち着くタイプから広くておもっきり走り回れるタイプまで、広大な敷地を活かした芝生広場がたくさんあります。

こどもたちやワンちゃんも一緒に楽しく遊びましょう。愛犬家の皆さんはリードを忘れないようにしましょうね。

のびのび走れるように、長く伸ばせるタイプのリードをつけて遊んでいる飼い主さんを多く見かけます。

枯れかけた桜
人の少ない芝生広場
テントでくつろぐ花見客
森の中の階段

生態園

青葉の森公園の中には生態園と呼ばれる森林のエリアがあります。ハイキングコースのようになっており、見学しやすいように順路が設けられています。

順路のとおりに歩くと、1.海岸植生 2.照葉樹林 3.モミ林 4.イヌシデ・コナラ林(落葉広葉樹林) 5.ススキ草地 6.シラカシ林 7.保存林(落葉広葉樹林) 8.マダケ林 9.湿地林・野鳥観察舎(閉鎖中)となります。

常に新たな発見を探している公園では、一般の方が考えた俳句や詩を森の中で看板にして公開しています。面白い作品が多いので、ぜひ一度足を運んでみてください。

大勢練習している陸上競技場

スポーツ施設

園内の「スポーツゾーン」というエリアには、本格的な陸上競技場・野球場・テニスコート・弓道場があります。利用は予約制になっているのでこちらからご予約ください。

テニスコートはいくつかのエリアに分かれており、ナイター照明つき4面と昼間専用のコートが4面です。

人気の滑り台

遊具施設

本格的なアスレチックコースはありませんが、こどもが楽しめる滑り台などの施設は揃っています。

公園全体が自然派なところもあるので、物足りなく感じる子がいるかもしれません。そんな子のために、柔らかいボールなどの遊び道具を持参することをおすすめします。

ドッグランの案内看板

ドッグラン

とても広くて快適なドッグランです。しっかりとした柵とネットがあります。自然に囲まれ、緑が豊富で空気が美味しいドッグランで、ワンちゃんいも飼い主さんにも健康的です。

飼い主さん用のベンチも常備してあります。設備は一般的なドッグランと同じ感じです。
誰でも入れる訳ではなく、登録して番号等を確認するので、狂犬病の注射をしていない犬は入れません。利用登録はこちら

犬と散歩する女性

愛犬とお散歩おすすめ度:4
★★★★☆

ドッグランがあるこの公園は、散歩コースもかなりの広さです。快適に使い続けるためにも「排泄物を持ち帰る」「リードは必ずつなぐ」などのマナーを守りましょう。

青葉の森公園は、愛犬の散歩に訪れる方の数も千葉県のなかでもトップクラス。飼い主さん同士のふれあいもたくさんあります。

皆で綺麗にして、ワンちゃんと飼い主さんにとって日本一快適な公園を目指しましょう。

※広い歩道は自転車が通ることがあるので、散歩の際には芝生など歩行者専用の道を歩きましょう。

駐車場・アクセス

駐車場の料金と場所

かなり広い面積で大きい公園なので、停める場所によってはかなり歩くことになります。事前に計画を練りましょう。
南口・西口・北口と3つあります。

駐車料金
(普通車・準中型車)
4時間まで300円
4時間を超え8時間まで600円
以降1時間ごとに100円増。
収容台数 約600台
利用可能時間 6:00~22:00
連絡先 043-208-1500(管理事務所)
場所 南口、西口、北口の3つの駐車場があります。
駐車場それぞれの位置
駐車場利用案内
南口駐車場全景

南口駐車場

収容力ナンバーワンの大型エリアです。平日は空いていますが週末は混雑します。テニスや野球場などスポーツゾーンの利用者にっとっては南口がいちばん近くになります。

328台収容可能(うち大型車16台)

西口駐車場出入口

西口駐車場

大通り沿いにあり、辿り着きやすいのが特徴です。どのエリアに行くにも便利ですが、収容台数はそれほど多くありません。

目の前にファミリーレストランや回転ずし、コンビニエンスストアなどがあるので買い物や食事に便利です。

146台収容可能

満車の北口駐車場

北口駐車場

お散歩利用の場合はこちらの北口が便利。カルチャーゾーンやネイチャーゾーンなど、自然を楽しむエリアに行くにはこちらがいちばん近くになります。ただし業者さんなどが利用される場合は満車になることがあるので、平日はあまりおすすめできません。

137台収容可能(うち大型車8台)

近くのバス停

電車・バス

JR「千葉」駅または「蘇我」駅からが便利です。巨大な公園なので、目的によって利用するバスが異なります。詳細はこちら

公園の目の前にあるバス停は蘇我駅からのバスになります。千葉駅を利用する場合は少し離れたバス停を利用することになります。

千葉市の公園マップ

青葉の森公園概要

所在地 千葉県千葉市中央区青葉町977-1
駐車場 約600台(4時間まで300円) > 駐車場の写真・詳細
連絡先 043-208-1500(管理事務所)
総面積 53.7ヘクタール(東京ドーム約11.5個分)
園内地図
(クリックで拡大)
青葉の森公園全体地図
電車・バスの場合 公園センター・彫刻の広場・芸術文化ホール(西口)の場合
JR千葉駅より千葉中央バス(2番のりば)で星久喜台経由乗車「ハーモニープラザ」下車徒歩4分。
JR蘇我駅より2番のりばで大学病院行乗車「芸術文化ホール前」下車。
京成千原線千葉寺駅より徒歩約8分。
梅園・県立中央博物館等(北口)の場合
JR千葉駅より京成バス(7番のりば)で大学病院行乗車「中央博物館」下車徒歩7分。 JR蘇我駅より2番のりばで大学病院行乗車「中央博物館」下車徒歩7分。
つくしんぼの家・水の広場・スポーツプラザ・各スポーツ施設(南口)の場合
JR千葉駅より千葉中央バス(2番のりば)で星久喜台経由乗車「青葉の森スポーツプラザ」下車。
JR蘇我駅より千葉中央バス又は小湊バスでJR千葉駅行乗車「松ヶ丘十字路」下車。徒歩7分。
施設 体育館
野球場
弓道場
テニスコート
ドッグラン
バーベキュー広場
博物館
彫刻の広場など

充実した運動施設と緑を誇る、千葉県営公園です。面積がかなり広く緑が豊富で、散歩をするのに絶好なお散歩コースや芝生広場も充実しています。

ドッグランなどを設営するなど犬に対する気遣いも飼い主には嬉しいところです。環境を維持するためにも愛犬家の方もマナーを守って利用しましょう。

運動施設と自然の豊富な場所が分かれているので目的に合わせた楽しみ方ができます。

Googleのクチコミを見る

バーベキュー

広場でバーベキューをする家族

青葉の森公園バーベキューサービス

お花見広場のすぐそばにバーベキューができるスペースがあります。桜が咲く季節は競争率がかなり高いので早めに予約しましょう。
キャンプはできませんが、タープのレンタルがあるのでアウトドアが好きな人でも満足感が味わえるでしょう。
食材は持込・購入どちらでもOK。慣れている方は食材を持ち込んでリーズナブルに楽しめます。
初心者の方は「手ぶらでバーベキュー」がおすすめ。ドリンク・アルコール付きプランもあるので、バーベキューのノウハウがなくても満喫が可能です。
ペットの入場も可能なのです。バーベキューの食材は犬には良くないので、ワンちゃんのお食事を持参して訪れましょう。

予約必須なので計画をしっかりと立ててから連絡するようにしてくださいね。予約はこちらから