千葉公園

TOP > 千葉市観光・公園レポート > 千葉公園

ハスの景色と蓮華亭でくつろぐ人々
ハスの景色と蓮華亭でくつろぐ人々

更新情報・お知らせ

2022/6/17
ページをリニューアルしました。

JRのターミナル駅から徒歩圏内でアクセスが可能な千葉公園は、季節の景観を手軽に味わうことができ、綿打池ではボート乗船も楽しめます。

桜の景色も見事ですが、水生植物のハスの花が咲く梅雨がいちばん盛り上がる時期で、6月中旬に開催されるハスまつりは名物にもなっています。

千葉市メニュー

景観レポート

千葉公園の最大の魅力は季節ごとに変わる景色のバラエティで、冬に咲く河津桜からはじまり、4月はソメイヨシノ、5月は牡丹・芍薬、6月から7月は大賀ハスが主役となります。

お散歩コース

綿打池周辺歩道脇には樹木や花が並んでおり、季節の景観と気持ち良い空気を同時に楽しむことができるので、朝から散歩・ジョギングをルーティンにしている方が多く訪れます。

池の周回コースには距離が掲示されているので日課には最適ですが、はじめて訪れる方にはお花広場などの景観も味わえる周回コースがおすすめです。

道が広いので比較的安心ではありますが、通り抜けができるため自転車が多く通るので、小さなこども連れの方や子犬を連れた方はお散歩時に多少の注意が必要です。

朝のウォーキングをする男性
冬でも人気の園内の散歩コース。

大賀ハス

ハス池と蓮華亭

大賀ハスを心地よく鑑賞するための施設が整っており、屋根付きの休憩施設「蓮華亭」など、ところどころに東屋とベンチが設置されているほか、間近で見るための風流な木道が池の途中に設けられています。

いちばん盛り上がるのは大賀ハスが開花する6月で、市が開催する9日間に渡って開催されるハス祭りでは、蓮華亭を拠点としてテント・出店も加わって、さまざまなイベントが開催されます。

ハスを鑑賞できる木道
足元がしっかりしている観賞用の木道。

大賀ハス祭り

2022年は、蓮華亭では大道芸・バイオリン・津軽三味線・和太鼓などの楽器演奏がほぼ毎日行われ、テントではこどもや高齢者の方に嬉しい草バッタ・紙トンボ・コケ玉講習などの可愛らしい催しが、出店ではハス・睡蓮・メダカ・モノレールグッズなどが販売といった内容です。

また、ハスまつりが開催される前の週には「夜ハス(ヨハス)というライトアップが3日間開催され(2022年)、池周辺が幻想的にライトアップされ、若者を中心に賑わいを見せています。

ハスは、どんよりした雰囲気の中に鮮やかなマゼンタの色彩を放っているのが最大の魅力で、雨が続いて気持ちが盛り上がらない方を晴れやかにしてくれような効果があるので、祭りの是非一度訪れてみてください。

たくさんの緑の中に咲いたピンクのハスの花
梅雨の晴れ間を狙いましょう。

花の広場

桜・ハスが有名なのが特徴的ですが、池を越えて奥まで進んでいくと、ボランティアの方々が植えられたボタン・芍薬などの鮮やかなお花の広場が現れます。

4月下旬から5月上旬まで鮮やかな華を咲かせる牡丹と、5月上旬から中旬にかけて可憐な白い花を魅せてくれる芍薬(しゃくやく)が、それぞれ300本前後植えられており、新緑との見事なコントラストを見ることができます。

6月を過ぎたあたりからは脇に植えられたあじさいが咲き初めるなど、花の広場周辺では何らかのお花の姿を見ることができるので、園内をお散歩される際には是非立ち寄ってみてください。

花の広場の土に刺されているお花の解説
お花に詳しくなりたい方も是非。

戦争の遺構

この周辺一帯は第二次世界大戦では「鉄道第一連隊演習所」という日本兵の訓練所として使用されていた場所なので、随所に当時の姿そのまま残存した遺構を見ることができます。

なかでも「荒木山」という連隊のラッパ手の訓練がされていた丘は、現在では全体を見渡すのに最適な景観スポットで、桜の木の横にはベンチも設置されているので、説明板を読んでから登ってみてください。

荒木山の入口に置かれた戦時中の写真と説明
戦前の写真と役割などが書かれています。

桜の景色

お散歩しながら、またはボートに揺られながら鑑賞できる池の周りの桜が有名でよく目立っていますが、実は少し奥に入ると巨大な木の下でのんびりくつろげる穴場スポットも存在します。

お花もたくさん咲いているので、写真が好きな方は、それらを上手く利用すればフォトジェニックなインスタ映えする写真も手に入りそうです。

おすすめの鑑賞スポット

満開の時期は場内のほとんどがお花見スポットとなり、なかでもいちばん人気が高いのは綿打池周辺に設置されているベンチで、なかでも競争率が高いのは奥の方にあるバーゴラゾーンです。

また、3月から11月まではボートにも乗ることができるので、時間があれば池周辺の大規模なピンクのパノラマを真ん中から鑑賞してみましょう。

風情のある休憩所
1番人気の鑑賞ゾーン。

お花見広場

ここが園内唯一のシートを広げて楽しめる典型的なお花見広場ですが、人が多い綿打池から離れているため、週末でも数グループがのんびりとくつろいでいるだけだったり、豪快に咲いている木の下のベンチがあいている、といった「美味しい」場面に遭遇することがあります。

大きな一本のソメイヨシノ
大きなソメイヨシノの下にベンチが。

遊べる施設

遊ぶというよりはハス・桜・花などの見どころやお散歩目的の方が多いといった感じですが、ボート・遊具などといった、観光ついでに楽しめる場所も点在しています。

ボート乗り場

景観を楽しむためのボートが用意されており、周辺を彩る桜・新緑・ハス・紅葉などを眺めながら流れが緩い池をまったりした時間を過ごすことができます。

営業期間は3月から11月で、定休日は平日の月曜日と月曜祝日の翌日で、料金は30分以内で200円(取材時)となっており、小学生以下は保護者の同伴が必要となっています。

ボート乗り場でスタンバイをする親子
ライフジャケットを着用してスタンバイ。

遊具広場

こどもが楽しめる広場としてはお花広場の横にある遊具施設のある広場が挙げられますが、種類・量ともにそれほど多くはないので、遊具目当てのやんちゃなこども連れの方では満足度が低そうです。

ブランコや滑り台などのオーソドックスな遊具が中心のため、近隣の幼稚園・保育施設から幼児達が遊びに来ている姿がよく見られます。

いちばん大きい複合遊具
低学年向きの複合遊具。

多目的広場

いちばん大きな広場は、野球のバックネットも設置されている多目的広場で、朝は近隣の方のラジオ体操で利用され、昼から夕方は自由にボール遊びをするグループや親子で賑わいます。

空いている平日の多目的広場
平日はのびのび利用できます。

プール

2021年度は開設されませんでしたが、水連公認のコースと観客席を擁するプールがあり、ウォータースライダーなどの設備はないもののこども用のプールが設けられ、競泳だけでなく遊べる環境も整っています。

こども向けの浅いプール
滑り台がこども心を刺激しそうです。

グルメ情報

すぐそばにはコンビニエンスストアがありますが、時間がある方は、池やボートを眺めながらくつろげるテラス席でカフェランチ、というのはいかがでしょう。

カフェ・ハーモニー

千葉公園には、昔からさまざまなメディアでも取り上げられている老舗ともいえる名物カフェがあり、テラス席とさらに外にある庭の席、店内のカフェの好きな場所で飲食をすることができます。

取材時のおすすめは火曜・木曜・金曜限定の日替わりランチで、自家農園で栽培した野菜を使った和風・洋風・中華のいずれかのメニューが650円で提供されていました。

グランドメニューとしては、パスタ・サンドイッチセット・ハンバーグ・オムライス・カレーなどがそれぞれ1,000円以内で召し上がれます。

お散歩コース途中に現れるカフェ・ハーモニー入口
入口に可愛らしいメニュー看板が。

蓮華亭の売店

ハス池を眺められる場所に設置されている蓮華亭には、休憩所の他に、種類が豊富なシルクアイスのソフトクリームが販売されている売店があります。

種類としては、抹茶・バニラ・ストレベリー・ピーナッツ・バニラチョコレートといったところで、室内の休憩所もしくはハス池を眺められるベンチで景観と一緒にゆっくり味わうことができます。

蓮華亭売店の窓口とソフトクリームメニュー
蓮華亭の裏側にあるのでお見落としなきよう。

おすすめ撮影スポット

シンボルとも言える風景は「綿打池」で、周辺は樹木も豊富なので、季節によって違う色の風景写真を撮影することができます。

荒木山から望む綿打池

綿打池はじめ園内の景観を一望できるおすすめのスポットが戦争の遺構にもなっている荒木山で、桜・紅葉とボートといった写真映えするアイテムを一眼に納めることができます。

いちばんおすすめの時期は意外にも3月初旬のソメイヨシノが咲く前の時期で、荒木山のすぐ近くに咲いている早咲きの河津桜と池との見事なコントラストを撮影することができます。

荒木山の上から見た綿打池
園内全体の雰囲気もつかめます。

愛犬家のための情報〜

広い歩道・ワンちゃんと一緒にくつろげるベンチなど、快適な環境が整っており、近隣の愛犬家の方にとってありがたいスポットとなっています。

愛犬とお散歩おすすめ度:4
★★★★☆

綿打池周辺をはじめ、その奥にあるお花ひろばから上にある桜の広場まですべての歩道は舗装され幅も広いので快適にお散歩することができます。

ただ、出入り口が多く、自転車でショートカットができるため、園内で自転車を乗る方が目立つので注意が必要です。

大型犬と散歩をする利用者
大人気のふさふさワンちゃん。

ドッグカフェ

カフェ・ハーモニーにはワンちゃんと一緒にくつろげる屋外のテーブル席が3席ほど用意されており、道行く方々の注目の的となりながら(?)楽しい時間を過ごすことができます。

愛犬家のために用意された屋外席
ワンちゃんと食事ができる庭の席。

駐車場・アクセス

大型の施設や緑地は駅から離れた場所にあるケースが多いですが、JRの駅から徒歩約10分で、モノレールを利用した場合は徒歩1分というアクセスの良さが魅力です。

駐車場

70台ほど受け入れる駐車場がありますが、利用者の数に比べると収容台数はかなり少なめで、とくに週末は周辺に路駐する車で溢れてしまうので、車での来園はあまりおすすめできません。

混雑している駐車場
できるだけ車での来園は避けましょう。

電車・バス

JRの駅を出て途中で左に曲がると若干近道のプチ飲食街で、そのままモノレール沿いをまっすぐ進んでもほとんど同じ距離となっています。

駅前にはスーパーやコンビニはありませんが、途中と手前に2箇所コンビニエンスストアがあるので、お弁当や飲料を買っておくといいでしょう。

さらに便利なのはモノレールの利用で、駅を降りるとそこは園内の入口となりますが、コンビニが入口と逆方向なので、時間がもったいない!という方はあらかじめ用意しておきましょう。

駅をおりてからの景色
駅からしばらく歩くとコンビニがあります。

千葉公園概要

所在地 千葉市中央区弁天(地図)
駐車場 約70台(混雑するのでモノレール利用がおすすめです)※有料になる場合あり
12/29~1/3は利用できません。
利用可能時間:9:00~17:00(運動施設を利用する場合は8:30~21:00)
休園日 12月29日から翌年1月3日まではスポーツ施設・集会場の利用ができません。
総面積 21ヘクタール
犬・ペットの入場 ボートや花園など、一部に規制がありますが、ほとんどの場所で愛犬と散歩ができます。
電車・バスの場合 千葉モノレール「千葉公園」駅徒歩すぐ
JR千葉駅より徒歩約10分
京成千葉駅より徒歩約15分
観光施設 貸しボート
30分200円で3月1日から11月末まで楽しめる貸しボートは、利用可能時間9:00~16:30となっています。
カフェ・ハーモニー
ガラス張りの窓から池の眺望が楽しめるカフェ。サンドウィッチ・カレーライスなどの軽食から、アイスクリーム・スイーツなどメニューいろいろ。
Googleのクチコミを見る

記事:取材班長・みどり

東屋で池を見ながらのんびりするのが大好きなので、お隣のコンビニでパンとお菓子とコーヒー買ってから訪れていました。

夏・秋は夕方から夜にかけて蚊が大量に飛んでいるので、ベンチでくつろぐ方は虫よけをお忘れなきよう。