南房総市・千倉の観光名所と公園

南房総市・千倉の観光名所

公園全景とお店の建物

道の駅ちくら潮風王国

土産売店グルメ景観カフェ

駐車場:あり

海が見える公園のほか、秋には「さんま収穫祭」、冬には「干物・サザエつめ放題」など、イベントも盛りだくさんです。お土産コーナーのほかにレストランなどもあり、長時間くつろぐことが可能です。

新鮮な特産物などお土産が買える「海市場ちくら」「潮風プラザ」「海猫堂」、海鮮丼を中心に新鮮なグルメが食べられる「せん政水産」「利左エ門」、軽く立ち寄れる「散歩カフェ」など、館内にはたくさんのお店があります。

2千坪もの面積を誇る芝生広場には、大きな滑り台も設置されており、ワンちゃんのお散歩も可能です。公園目的で訪れても満足できるスポットです。

海岸に停泊している大型漁船のレプリカ「第一千倉丸」はブリッジに登ることができ、一帯を見渡せるちょっとした展望スポットになっています。

磯遊びができる「千田海岸」もすぐ近くにあります。潮が引くとその岩場が潮溜まりとなり、こどもが楽しめるスポットとなります。

定休日があるのでご注意ください(公式HPでご確認ください)。

画像出典:道の駅ちくら潮風王国

園内の洋館

道の駅ローズマリー公園

お店グルメ

駐車場:あり(無料)

南房総の食のテーマパークとしてつくられた「はなまる市場」では、地元で収穫した農産物が多数販売されています。直売コーナーなどもあり、鮮度がとても高いのが魅力です。ドライブや観光のお土産として持ち帰るなら、帰り道に寄るのがおすすめです。

野菜だけでなく、特産物の「びわ」を使用したスイーツもあります。びわのケーキはとても人気があるので、お土産として喜ばれること間違いなしです。

新鮮な海の幸を食すことができる海鮮丼の食堂もあります。ランチメニューなどお得なセットもあるので、グルメ旅にもおすすめです。

広場と野島埼灯台外観

野島埼灯台

展望

(のじまさきとうだい)

駐車場:あり

日本には16箇所の「登ることができる灯台」がありますが、南房総市白浜町似位置するこの野島埼灯台は、その貴重な灯台のひとつで、しかも2番目にできたという歴史を誇ります(明治2年に点灯)。

地上から24メートル、水面から36メートルという高さあり、展望エリアは手すりはあるものの屋外となっています。高所が苦手な方には厳しい展望スポットです。

階段はかなり急なので、歩きやすい靴は必須です。また、参観寄付金という名称の入場料(2021年:300円)が必要です。

南房総市・千倉の公園

岬の風景

大房岬自然公園

紅葉山歩き冒険野鳥展望キャンプ遊具

(だいぶさみさきしぜんこうえん)

駐車場:あり(無料)

南房総国定公園の中にある公園です。運動広場のほか、自然の家、キャンプ場などの設備もあります。

芝生園地、遊歩道、展望台などもあるのでのんびりと散歩をすることもできます。

ハイキング、磯遊び、バードウォッチングなどもできるので、こども連れにも人気がある公園です。

展望台にあるモニュメント

南房千倉大橋公園

海辺

(なんぼうちくらおおはしこうえん)

駐車場:約30台(無料)

ちくら潮風王国の近くにある海沿いの公園で、白間津漁港入口に架かる150メートルの橋のところにあります。

近くには、お花の季節は観光客でにぎわうお花畑(白間津)があります。公園の広場はくじらをデザインした感じのつくりとなっています。

グラウンド

千倉総合運動公園

スポーツ

駐車場:約100台(無料)

市民のための運動施設がメインの公園です。陸上スポーツ施設・多目的広場・プール・体育館・武道館・トレーニングルームなどの設備もあります。