清水公園

千葉TOP > 野田・流山 > 清水公園

清水公園の花ファンタジアと水上アスレチック
清水公園の花ファンタジアと水上アスレチック

野田流山メニュー

更新情報・お知らせ

2022/4/30
野田・流山の公園ページをリニューアルしました。

言わずと知れた大人気の清水公園は、一部の施設が予約制になっているので、あらかじめ予習をしておかないと、「しまった!」と後悔してしまうことがあります。

とくにフィールドアスレチックは前日までの予約制となっているのが注意点。当日存分に楽しむ重要なポイントは事前の準備です。当ページのガイドとマップを参考にし、当日の予定をたてておきましょう。

遊ぶ

こども連れで清水公園に行くなら絶対に欠かせないともいえるメイン施設「フィールドアスレチック」は、場内の広さを生かした規模でオリジナリティに富んでおり、冒険心をくすぐります。

メニュー豊富なバーベキューやバンガローもあるキャンプ施設やマス釣り、ポニー牧場など、1日では遊びきれない充実ぶりです。

フィールドアスレチック

日本フィールドアスレチック協会公認の、清水公園の顔ともいえる大人気のアトラクションです。それぞれ40種類遊べるチャンレンジコースと冒険コース、さらには20種類の水上コースがあり合計100種類

有料ですが、その分他の公園のように壊れた箇所が放置されていたり長期的に使用禁止になることがなく、安心して冒険に挑むことができます(天候等の影響などにより部分的に休止されることがありますが、ホームページで告知されています)。

2020年7月から完全予約制となり、事前にホームページでの予約が必要となりました。当日では間に合わないので必ず前日までに予約しましょう。

料金表 通常期 季節料金1 季節料金2
大人
(中学生以上)
1,500円 2,000円 1,200円
小学生 1,000円 1,200円 800円
シルバー
(65歳以上)
750円 1,000円 600円

※季節料金1:4/23~5/8・9/17~9/25
 季節料金2:12/1~12/29(12/30・12/31は休業日)
 2022年4月現在の情報です。料金は変更される場合があるので、正確な情報が必要な方はホームページでご確認ください。

GWに利用される際には早めにご予約を。

100種類の遊び方ができるのは全国的に見ても稀といえそう。清水公園名物の水上アスレチック以外にも園内の通路の上にアスレチックのコースが設けられていたりするので、遊んでいる人を見ているだけでも楽しめます。

お散歩をしていると頭上にアスレチックコースが!?

清水公園のアスレチックフィールドを利用するに当たっていちばん注意していただきたいのがこの「予約」です。アスレチックがあると聞いたから行ってみた、なんて軽い気持ちで訪れた方は痛い目にあうかも…!?

ホームページに予約カレンダーがあるので、そちらから空いている日を選んでご予約ください。当然ながらゴールデンウィークや夏休みは競争率が激しいので、できるだけ早めにクリックを。

予約している人しか利用できないので、密になる心配がありません。

キャンプ・バーベキュー

清水公園には巨大なキャンプ広場があり、バーベキュー・デイキャンプ・バンガロー・オートキャンプといった楽しみ方ができます。

バーベキューは手ぶらで楽しめる食材セットつきプランと、自分で食材を用意するプランから選べます。最少人数4名・5日前までに予約などの制限事項もあるので、なるべく早く注意事項もチェックしておきましょう。

  詳細・予約
バーベキュー 手ぶらプランなどの料金・詳細はこちら
デイキャンプ 入場料・定員などの詳細はこちら
オートキャンプ 入場料・宿泊料・定員などの詳細はこちら
バンガロー 入場料・宿泊料・定員などの詳細はこちら
完全予約制なので密になることはありません。

キャンプ場のエリアだけでも迷子になってしまいそうな広さの清水公園。つつじエリア・さくらエリア・もみじエリア・けやきエリアなど季節の樹木名が目印になっているのも注目ポイントです。

キャンプや自力バーベキューをする場合は第3駐車場から自分の拠点までのルートをチェックしておきましょう。

事前の予習がキャンプを快適にする鍵!

無料でレンタルできるカートがあるので、事前に自分で購入する必要はありません。利用できるものは最大限に使っちゃいましょう。

注意点としては、せっかくカートを利用するにも遠くの駐車場に車を置いてしまうと台無しなので、キャンプ施設横の「第3駐車場」をご利用ください。

こどもが大好きなカート。ここからキャンプがスタートします。

手ぶらバーベキュープランの料金には、食材の他に最低限ともいえる炉+テーブル(固定式)+イス、炭、アミのセットが入っていますが、足りないという方のためにバラ売り・レンタル用品もたくさん用意されています。

これを見て事前に自前で用意するのもアリかも。

オートキャンプの施設は少し離れていて、お隣の野田市総合公園の中に食い込んだ場所にあります。したがってそれほど騒がしくなく、日帰りの方々とは少し距離を置くことができるのが長所といえそう。

とはいうものの清水公園まではすぐなので、マス釣りやアスレチックを楽しみたい方もそれほど不便さは感じないでしょう。

オートキャンプを利用する場合はこちらから。

マス釣り

自然石で作られた池の中に2,000匹のニジマスが放流されている釣り堀です。誰でも簡単に釣れるので、こども・カップルなど普段は釣りをしたことがない人でも気軽にチャレンジされています。

池の全体が好ポイント、とのこと。

女性同士のグループも見事に釣果を出されていました。予約は不要なので、ノリだけで挑戦する方も大勢いらっしゃいます。魚から針をはずせない場合はスタッフの方にお願いできるので、グループ全員が初心者、なんて場合でも心配無用です。

釣り上げたニジマスは買取りになりますが、塩焼き(有料)をしてくれるので、おにぎりを持参すれば、ランチのおかずにできるかも?

スタッフの見事な針さばき?に感動。

ポニー牧場

乗馬体験をはじめ、人懐こいうさぎ・ヤギ・アヒルなどさまざまな動物と触れ合える牧場です。

敷地内にはちょっとした遊具施設もあるので公園感覚で長時間楽しめるのもおすすめポイントで、小さなこどもと一緒の方には嬉しい施設です。

入場料は他のアトラクションと異なり大人とこどもの料金がほとんど変わりません。何度も清水公園に来られるこども連れの方には年間パスポートがおすすめです。

桜の時期はお花見も兼ねられて楽しさ倍増です。

人気の乗馬はスタッフさんが丁寧にサポートして見守ってもらえるので安心。乗馬料は1回400円とリーズナブルですが、さらにお得な回数券や年間パスポートもあります。

手軽に味わえる思い出づくり。

牧場の中は入場料を支払った人だけが利用できるので空いていて快適で、密を避けたい家族には嬉しい環境です。動物と触れ合ったあとは遊具で遊んで、あっという間に時間が経ちそうです。

こどもたちは大はしゃぎです。

牧場に入らなくても見学できるヤギさんのコーナーも。こちらはおばあちゃんヤギでとても大人しいので、表情を見ているだけでも癒やされちゃいます。

健康に長生きしてくださいね。
  料金 乗馬料
大人(中学生以上) 450円 400円
回数券6枚1,800円
子ども(3歳以上) 400円
シルバー(65歳以上) 250円

※2022年4月現在の情報です。

観る

アクティブ派に嬉しいアスレチックやキャンプ施設が目立っている清水公園ですが、お花の量と種類も特筆もの。春と秋に楽しめる花ファンタジアや桜・紅葉の景色は、それを観るだけでも来園する価値がありそうです。

花ファンタジア

春と秋限定で観ることができるフラワーガーデンです。春はミモザ・ボタンからフジが見頃になり、初夏になるとバラが咲いてピークを迎えます。

秋は萩・女郎花・秋明菊・スズキから秋バラ・サルビア・セージ類や見事な紅葉を鑑賞することができます。

お花の写真コレクションを作っちゃいましょう。

場所的には、フィールドアスレチックの水上コース付近になります。花ファンタジアをメインで利用される場合は第4もしくは第5駐車場が便利です。

12〜2月と7・8月は休場期間です。
料金表 5・6月 4・10・11月 3・9月
大人 800円 500円 300円
小中学生 300円 200円 無料
シルバー 750円 450円 250円

※2022年4月現在の情報です。

金乗院

清水公園の中には桜と紅葉が綺麗なお寺があります。室町時代に開山された慈光山・金乗院というお寺で、写真の見事な仁王門は300年前に建てられたものを1998年に改修し、再現しています。

仁王像はライトアップされることもあるので、光る姿を見たい方は日が沈むのが早い秋などに暗くなったら訪れてみましょう。

弘法大師の像がお出迎え。

桜の景色が見事なことで有名な金乗院なので、桜の季節にはデコレーションがされていたりして、ちょっとしたお祭り気分でお散歩ができます。

本物の桜だけでも見事ですが。笑。

桜の風景

清水公園は桜の名所でもありますが、なかでも写真映えするのは金乗院で、日本の桜名所百選にも入っている有名なスポット。仁王門の前にある巨大な桜とのコラボは必見箇所のひとつです。

赤い門とピンクの桜、緑の松と銅像…これぞ日本が誇る伝統の組み合わせといった感じです。

純和風の風景はまさにココ!

金乗院周辺には多くのお花見スポットがあり、中にはベンチが設置されているところも。桜の量が豊富なので満開の花と桜の絨毯を同時に味わえちゃいます。

花見ポイントが豊富なので密になりにくいです。

単に桜が植えられているだけでなく、観る人を楽しませてくれる工夫も抜群。桜の横に鮮やかな色の花を並べているので感動も倍増です。

桜を引き立ててくれる樹木も豊富!

出遅れて葉桜の時期になってしまっても諦めないで!上だけではなく下の景色も楽しめますから笑。小さなお子さんの場合は高い場所に咲いているよりも桜絨毯のほうがいいかもです。

お子さん目線では葉桜の時期が満開かも!

カフェ・ショップ

長時間楽しむためには欠かせない食事ができる施設も充実。数は少ないですが広いので比較的安心。とはいえGWなどの繁忙期はかなり混雑するので、食事を持参して芝生でランチをするのもおすすめです。

カフェ「アゼリア」

電車で来た場合には入ってすぐの場所に総合案内所と管理事務所などがあり、同じエリア内にはおしゃれなカフェが。気候の良い季節に嬉しいペット同伴可能のテラス席もあります。

バーベキューができるエリアからはかなり離れており、ポニー牧場のすぐそばにあたります。

第1駐車場からもかなり近いです。

味だけでなく見た目も重視した楽しいメニューに目を引かれます。手軽かつボリューミーな洋風丼が中心で、肉と野菜がまんべんなく入っているのが特徴です。

すぐに遊びたい人に嬉しいお手軽バランス丼です。

ランチで利用される場合はドリンクセットがおすすめで、400円のコーヒーやりんごジュースが200円になります。

デザートはソフトクリーム系が中心で、さくらもちソフト(春)などの季節限定メニューにも注目です。

生ビールとノンアルコールビールもあります。

ショップ「Ruska」

カフェのすぐとなりにある、おしゃれな雑貨店風のショップです。千葉名産はもちろん、小腹を満たしてくれるお菓子やドリンクなども販売しています。お散歩がメインの方であれば、最初に立ち寄って軽食を購入しておくといいかもです。

気軽に入れるポップな雰囲気です。

公園にあるショップにしては品揃えが豊富で、小さな道の駅といった雰囲気です。千葉県外からお越しの方に嬉しいお土産選びもできそうです。

こどもが喜びそうなグッズも豊富です。

おすすめ撮影スポット

桜と紅葉の季節は園内のそこかしこに素敵なスポットがありますが、おすすめは何と言っても花ファンタジア。ワイドで色とりどりの写真を撮るもよし、アップで綺麗なお花のアップを撮るもよし。人物を入れたらちょっとしたプロ仕様の写真もできそうです。

花ファンタジア

春から初夏にかけて咲くバラやボタンなどの鮮やかな花から、晩夏から秋にかけて魅せてくれる味のある花を鑑賞・撮影することができる清水公園きっての撮影スポット。

花が多くなる時期ほど入場料が上がりますが、その分撮影できる花の量も多くなるので支払う価値は十分といえそうです。

いろとりどりの花を撮影できます。

水上アスレチック横

入場料を支払わずに撮影できるおすすめのスポット。桜と紅葉の季節になると、見事な花びらが通路をふさぐように咲き誇ります。

アスレチックで遊んでいるお子さんを見事な樹木を入れて撮影すればSNS映えも最高!そんじょそこらのインスタ写真なんて目じゃありません!笑。

この日は曇り空でしたが、天気の良い日にぜひ!

愛犬家のための情報〜

すべての場所にワンちゃんが同伴できるわけではありませんが、リードを繋げばショップなどの施設内やアスレチックコース以外ならほとんどの場所で一緒に行動ができます。

愛犬とお散歩おすすめ度:5
★★★★★

無料のお散歩コースはワンちゃんと一緒に歩けるので、駐車場の料金だけで快適なお散歩が可能です。花ファンタジアに入らなくても綺麗なお花はたくさんあるので景観を楽しめます。

お花見しながら愛犬のお散歩。

犬可カフェ

ワンちゃん連れに嬉しい目玉スポットはカフェ・ファンタジア。室内は入れませんが、同伴可能なテラス席が用意されているのがとても嬉しいポイントです。

少しずつですが、このような愛犬連れに嬉しい場所が増えつつあるようです。ノーリード・排泄物放置の残念飼い主が年々減っているのかも。

お行儀の良いワンちゃんとマナーの良い飼い主さん。

駐車場・アクセス

大人気の清水公園を支えているのは、大量に設置された低料金で利用できる駐車場。1日楽しみたい方、短時間で帰る方どちらにも嬉しい料金システムです。

場内の駐車場

清水公園の敷地内には5箇所の駐車場があるので、メインの利用箇所にいちばん近いところをあらかじめチェックすることが快適に過ごす重要なポイントとなります。

とくにバーベキュー場を利用する場合は第3駐車場を利用するのが必須で、他の駐車場からはかなりの距離となってしまうので注意しましょう。

第2駐車場は繁忙期のみオープンしている臨時的な駐車場で、時間制ではなく1日800円(大型バス2,000円)となります。

こちらはポニー牧場横の第1駐車場です。

こちらがバーベキュー・デイキャンプ場・バンガローが近い第3駐車場で、24時間利用が可能です。かなりの広さなので満車になることは稀ですが、ゴールデンウィークなどに利用する場合はできるだけ早く来るのが無難です。

1時間までは無料で利用できます。

近隣の私営駐車場

平日に利用する方はほとんどいませんが、繁忙期にはありがたい私営の駐車場が周辺にいくつかあります。

場所によりますが、多くの場合は1日料金制で、閑散期は清水公園の正式駐車場より料金は低めです。繁忙期は混雑度によって変化する可能性が高いので、利用する前にチェックするのがおすすめです。

場所や混雑度によって料金が異なります。

電車・バス

東武アーバンパークラインの駅名にもなっている清水公園なので、降りる駅を間違うことはなさそう。ただ、駅から降りてすぐというわけではなく、10分程度歩くことになります。

清水公園駅以外には、つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」からのアクセスも可能ですが、徒歩で20分ほど要します。

東武線(写真)の駅から近い点も魅力の清水公園。

清水公園概要

所在地 千葉県野田市清水906(地図)
園内地図
(クリックで拡大)
清水公園の全体地図
駐車場 あり(有料)
犬・ペットの入場 入場可能(一部の施設を除く)
電車・バスの場合 東武アーバンパークライン「清水公園」駅から徒歩約10分
Googleのクチコミを見る

記事を書いた人:観光&公園担当・みどり

さすが人気の私営公園!と言いたくなる充実っぷりですよね。フィールドアスレチックやアクアベンチャーは話題性が強いので以前から知っていましたが、大きなお花畑(花ファンタジア)があるのにはびっくりしました。

遊んだあと楽しめる施設も素敵で、ワンちゃんOKのテラス席があるカフェなど近代的な要素が多いのも魅力的です。

あと、市や県が所有するアスレチック施設は老朽化すると使用禁止になったまま放置されることがありますが、清水公園の場合はすぐに修理して利用できるようになります。地味ながらそんなところにも人気の要因がありそうです。

野田・流山