銚子グルメ

TOP > 銚子観光レポート > 銚子グルメ

魚市場付近の食堂街
魚市場付近の食堂街

もくじ

更新情報・お知らせ

2022/3/27
新規掲載しました。

銚子観光の最大級の楽しみは「海鮮料理」。旅行費用の殆どをここに費やすという人も少なからずいらっしゃると思います。

大人数であれば、ウオッセ21の「シーフードレストランうおっせ」や、犬吠埼付近のホテルやレストランがいいでしょう。少人数でお越しの方は、あらかじめ決めておくのではなく現地に行ってから探す、というのもなかなか楽しくておすすめです。とくに、魚市場の近隣には小さくて粋なお店が立ち並んでいます。

迷って探すのも楽しみのひとつ、といえるので、時間に余裕がある方は漁港付近を歩いてみましょう。

第1漁港付近と第3漁港のあるウオッセ付近にたくさんお店がありますが、少しはずれた場所にも穴場があるので、グルメサイトと合わせて探してみましょう。

銚子メニュー

お店レポート

第1魚市場(卸売市場)周辺

漁港のある第1魚市場前の食堂街

駐車場:第1卸売市場の無料駐車場を利用できます(取材時)。

この付近には海鮮食堂が数え切れないほどありますが、漁港の雰囲気を味わいたい方は「第1魚市場」の手前の道路沿いがおすすめです。

観光メディア等で紹介されることもしばしばあるので、場合によっては行列に並ぶことになりますが、目当てがとくにない方であれば、どこかしら入ることができるでしょう。

料金的には、色々なネタが乗っている海鮮丼が1,600円〜2,000円、といったところで、ほとんどのお店の前に賑やかなメニューが置いてあるので、それを見て決めるのも楽しいかも。

キャッシュレスに対応しているお店も多いので、事前に確認しておくといいでしょう。

第1魚市場ミニレポート

多くの店舗は駐車場が用意されていないので、ほとんどの方は第1魚市場の駐車場を利用していました。基本的には観光客・食堂の利用客のために開放されているようです。

第1魚市場の駐車場
写真でもわかるように、かなりの収容台数です。

第一漁港の向かい側にある鮪蔵(まぐろぐら)とぎょ魚蔵部(ぎょぎょくらぶ)です。賑やかなのぼりがあるのが鮪蔵。店の方が元気よくお客さんを出迎えていました。

鮪蔵は王道の海鮮丼などがメインで、お隣のぎょ魚蔵部はユッケ丼やサバのソースカツ丼など、アレンジしたオリジナルメニューが多いのが特徴です。

魚市場の正面にある海鮮料理店
2店それぞれバリエーションが異なります。

上記の2店舗がある場所から東に進んでいき、しばらくするとお店が集中しているエリアが出現します。ここから中に入った場所にもちらほらと食堂があります。

道路沿いに見た海鮮料理街
お腹を減らして歩いてみたい海鮮食堂街です。

この界隈には人気のお店もいくつかあり、週末を中心に列をつくっている様子もみられますが、予約ができる店も多いので事前にチェックするのが得策です。

写真のお店は名物の「あぶらぼうず」という深海魚のメニューが人気で、多くのリピーターを獲得しています。

人気の海鮮料理店海ぼうず
限定メニューがあるお店に列ができることが多いようです。

ウオッセ21モールの食堂

ウオッセ21の食堂「まほろば」

駐車場:無料

ポートタワーの隣りにある大きなショッピングモール「ウオッセ21」には、魚市場のような雰囲気の食堂がいくつか点在しています。

近隣で多く水揚げされるイワシや鯖の丼、定食であれば1,000円前後で食べることができます。刺し身の他にも天ぷら・フライなどの揚げ物もあります。

店内でお弁当を買って、モール内にあるベンチとテーブルでお安く食べる方法もあります。味噌汁のサービスもやっているのも嬉しいポイント。

店内は狭いですが、そのぶん魚市場のような雰囲気を味わえます。いつもと違うシチュエーションで海鮮丼を食べたい方におすすめです。

ウオッセ21モールミニレポート

ウオッセ21のモール内には2つの食堂があり、写真はそのひとつ「魚座屋」さんです。テーブル席とカウンター席がありますが、広さ的には少人数向きといった感じです。

人気どころとしては、海鮮丼が1,700円、刺身定食が1,100円でした。まぐろ丼・いくら丼などの全国的な定番メニューもありますが、当地で食べるならいわし漬け丼(1,100円)いわし蒲焼き丼(950円)がおすすめです。

ウオッセ21内の食堂
魚市場の中にある食堂といった雰囲気が最高です。

こちらは「あじ処・まほろば」さん。写真つきでわかりやすいメニューがお店の前に出ています。

お店のウリとしては海鮮丼と三色丼・五色丼といったところ(すべて1,890円)。天ぷら好きの方に嬉しいエビ天丼・穴子天丼などもありました。

食堂のメニューと料金表
ソフトクリームも用意しています。

食堂のほかにテイクアウト用のお弁当もたくさん販売されています。このあたりはまさに魚市場といったところ。このお店ではお弁当を買うとおまけにつみれ汁が無料でついてくるというサービスを提供していました。

持ち帰り用弁当
いろんな味を試したい方はテイクアウトがおすすめです。

テイクアウトのお客さん用に設けられたテーブルと椅子。飲み物もすぐに手に入るのも嬉しいポイント。いつでも気軽に訪れて昼食が食べられる、といった場所として使われています。

持ち帰り用の弁当を食べられるテーブル
リーズナブル派にも嬉しい飲食スペース。

シーフードレストランうおっせ

シーフードレストランうおっせの入口にあるメニュー

駐車場:無料

ウオッセ21の2階部分は団体でも利用可能な大きな海鮮レストランとなっています。

海鮮丼から定食、魚が苦手なこどもでも食べられるメニューなど、いかにも団体に対応しているといった雰囲気の大型レストランです。

一番人気はいろいろな刺し身がのっている海鮮丼。種類をたくさん楽しみたい方はこちらがいいでしょう。おすすめとしては時期によって食べられる「なめろう」。500円ちょっとでアジ1匹分食べることができます。

しょうゆアイスのデザートやドリンクなどで食後もゆっくりくつろげるのが、魚市場の食堂にはない長所といえそうです。実際に取材したレポートページを是非ご覧ください!

犬吠埼灯台周辺・なぎさや

犬吠埼のレストラン・お土産ショップモール

駐車場:無料

お土産ショップとして人気の「犬吠テラステラス」にはカフェとベーカリーショップがありますが、本格的な海鮮料理を食べたい方は、その両脇にある、5種類の魚で作ったさんが焼きとつみれ汁が名物の「あわび屋」と、おみやげショップと一体になっている「ドライブインなぎさや」がいいでしょう。

また、この界隈には「犬吠埼ホテル」「犬吠埼観光ホテル」「ホテルニュー大新」「ぎょうけい館」など、老舗の名店・ホテルがあります。大人数や記念日などの方はこちらもおすすめです。

犬吠埼灯台周辺ミニレポート

こちらは老舗のドライブイン・なぎさやのお土産エリア。この奥に「海づくし」という海鮮&カフェのお店があります。このエリアでは貴重なワンちゃんと一緒に食べられる場所があるお店です。

なぎさやと海づくしの店舗
ドライブインとは、今で言う「道の駅」といったところです。

お店は一見小さそうですがメニューのバラエティはかなり豊富で、各種海鮮丼のほかに「金目鯛の煮付け」「はまぐりラーメン」など、漁港で穫れる魚を活かしたおもしろいメニューもありました。

海づくしの海鮮メニュー
美味しそうなメニューがズラリ。

海鮮丼や定食だけでなくスイーツメニューも豊富です。牛乳ソフト・フロートがイチ推しで、イチゴ・メロン・ブルーハワイ・メロンなど色とりどりの種類から選択できます。

中でも食べられますが、すぐ近くに絶景の公園があるので、テイクアウトをして海を眺めながら食べるのがおすすめです。

海づくしのカフェメニュー
夏に嬉しいアイスメニューがずらり。

ドライブインとして老舗のなぎさやさんですが、本格的なレストランも運営しており、全てではありませんが海を眺めながら食べられる席もたくさんあります。大人数にも対応できるキャパと宴会場も完備されており、ワンちゃんと食べられる席があります。

宴会もできる本格レストラン・なぎさや入口
歴史のある老舗レストラン「なぎさや」

こちらは比較的新しい施設の「犬吠テラステラス」にあるカフェ。地元の食材も取り入れたパスタやカレーライス・ハンバーグなどこどもが喜びそうなメニューが中心で、ドリンクメニューもかなり豊富です。

犬吠テラステラスにあるカフェ
おしゃれな道の駅といった雰囲気です。

記事:取材班グルメ担当・ヨコマロ

グルメ取材歴:2010年から2020年にかけて銀座のランチを200箇所ほど取材した(らしい)。たばこが嫌い。

こんにちは!海鮮物と農産物を愛してやまないヨコマロです。しょっちゅう行くのはけっこう時間とお金がかかるのですが(汗)、レポートを書くなら大好きな海鮮丼を食べさせてくれる?ということなので、月1回以上は情報をお届けしていく所存です!