弁天ふれあいの森公園

TOP > 浦安の公園レポート > 弁天ふれあいの森公園

整備された自転車置場のある入口風景
整備された自転車置場のある入口風景

更新情報・お知らせ

2022/4/24
浦安の全ページをリニューアル!
2022/4/24
桜の情報を追加しました。

お花畑の横にある可愛い池は、近所のこどもたちがザリガニ目当てに網と籠と小さな釣竿を持って遊びにくる、人気の遊びスポット。

園内の中央にある巨大な芝生広場は開放感が抜群で、テントを組み立ててのんびりくつろぐのにぴったりです。

浦安メニュー

景観レポート

ウォーキングロード

園内には公園をぐるりと周回する歩道が作られています。名付けてウォーキングロード。ただ歩くだけでなく、季節を感じながらお花・景色、空気の爽やかさも一緒に楽しめます。

Aコースは365メートル、Bコースは570メートルの長さです。ジョギングをする人は歩行者に気をつけてくださいね。

2コースのウォーキングロード
お花が多いのも特徴的な公園です。

自転車は園内に入場してはいけないkとになっているので、こども連れ・ワンちゃん連れでも安心して歩くことができます。

短めのAコースと長めのBコースがあり、どちらもシンプルにぐるっと一周するだけです。

ウォーキングコース地図
まずは案内図に従って歩いてみましょう。

スタート地点におすすめの場所。ここからであれば距離がきっちりと測れるのでしっかりと歩けます。

スタート地点
ジョギングにも絶好のコースです。

自転車通行禁止なのが嬉しいです。浦安市の公園のほとんどはそういうルールになっています。

自転車禁止の標識
通り抜けができないので、マナー違反の人もほとんど見かけません。

お散歩の途中でトイレに行きたくなっても安心。管理されているトイレなので綺麗です。

清潔感のあるトイレ
管理事務所がある公園の魅力です。

桜の風景

桜の木は普段人がいないエリアに集中しています。そのせいか、お花見の季節でも密度は少なめ。

桜の本数自体はそれほどでもありませんが、超特大のソメイヨシノがあり、それを眺めているだけでも得した気分になる?かもです。

芝生広場から見る桜並木
遊具広場と反対側に桜の密集地帯があります。
巨大なソメイヨシノ
凄まじい迫力のソメイヨシノは一見の価値ありです。
密度が濃い年季の入った桜
もっと近寄ってみました。

ビオトープ付近にも桜のエリアがありますが、そこは小ぶりな木が多め。でも早咲きの河津桜や遅咲きの桜などが多数混在してるため、少し時期がずれても楽しめるのが魅力です。

小さな桜の木
こちらは一見梅のように小さいですが、それなりの情緒が。

遊べる広場

芝生広場

ここ弁天ふれあいの森公園は、芝生エリアが園内の半分以上の面積を占めています。

バーベキューや火の扱いは禁止ですが、テントやタープを持ってきてくつろぐことは可能です。

とても広々と使える芝生広場
木陰近くが人気の設営スポット。

木陰もいくつかあるのでお弁当などを持参してパーティをすることも可能。桜の季節は競争率が激しくなるので早めに来園するのがおすすめです。

園内の地図を見ると芝生広場の占める割合がかなり高いのがわかります。

弁天ふれあいの森公園地図
芝生広場をぐるっと歩道が囲んでいます。

こちらは人もワンコも入れる芝生広場。週末でも混雑することは稀。テントがあればなお一層快適に過ごせそうです。

テントを設置してくつろぐ家族
シートだけでも十分楽しめます。

管理棟すぐ横の芝生エリアは「こども専用」なので、この中はワンコの入場はできません。

管理等横の芝生広場
注意書きをよく見てご使用ください。

ちびっこ広場

園内の奥の方にはこどもが楽しむための遊具施設が置かれていて、そこをちびっこ広場と呼んでいます。

滑り台が2種類あり、中をくぐり抜けるタイプのものと普通の滑り台の2種類があります。

幼児の笑顔が絶えない遊具施設のある広場
緑に囲まれた環境で遊べます。

アスレチックのような冒険コースは用意されていないので、どちらかというと幼児向けといえるでしょう。

こちらは柵があるので小さな幼児でも安心。全体的に見ると高学年よりは低学年向きといえそうです。

幼児用の広場
保育園のように集団で遊んでも安心。

遊具広場の横にベンチがあるので、こどもを見守りながらのんびりくつろぐこともできます。

遊具施設横のベンチ
全体を見渡せる場所にベンチがあります。

施設情報

ビオトープ

園内には湿地帯のような雰囲気(公園側ではビオトープと呼んでいます)の場所があります。

野生動物や植物が見られるわけではありませんが、アメリカザリガニが生息しており、週末を中心にこども達が網と手作りの釣竿・イカなどの餌を持って、ザリガニ釣りを楽しみに訪れます。

子どもたちがザリガニを釣っているビオトープ
親子でザリガニ捕りに夢中。

池の間に作られた木の歩道を歩くので踏み外すと池の中に落っこちてしまうので気をつけましょう。

念のため着替えを持ってきた方が良いかもしれませんね。

ちなみにこのエリアにはワンちゃんは入れません。ワンちゃん一行の方は芝生広場にお向かいください。

ここから先犬の連れ込みはご遠慮ください
立ち入りはご遠慮ください。

こどもも大人も水の中に興味津々です。昔を思い出しているのかな〜。

水の中を覗き込む大人
童心に帰って楽しみましょう。

水だけでなく、お花もたくさん植えられているので季節によって景色が変わるのも楽しみのひとつ。

白い花
水生植物も見られます。

週末は夏休みなどは虫取り網や簡易釣り竿を持ったザリガニ目当てのこども達で賑わいます。

ビオトープの池でザリガニを捕るこども
植物などの自然鑑賞も楽しんでね。

愛犬家のための情報〜

ビオトープや一部の芝生エリアなど、犬の入場が規制されている箇所がいくつかありますが、メインの芝生広場やウォーキングロードは散歩が可能です。

愛犬とお散歩おすすめ度:3
★★★☆☆

管理棟横の芝生エリアはワンコの入場が禁止で、ビオトープにもワンコは入れません。

園内の多くを占めている開放感抜群の芝生広場は規制されていないので、そこで散歩をするのがおすすめです。

入場禁止エリアが多いですが、自転車がいないので、基本的にはワンコの散歩には快適な環境です。

とはいえきちんとリードをしないと芝生広場も立ち入り禁止になりかねないので注意しましょう。

芝生広場で犬と散歩する男性
広いので伸びるタイプのリードでも迷惑にはなりません。

駐車場・アクセス

24台収容できる駐車場が園内に完備されています。

マンションの近くだったり何かしらのお店があったりすると公園の利用者以外に使用されたりしますが、周りには閑静な住宅街しかないため、その心配はないようです。

バーベキュー禁止でスポーツ競技の施設もないため団体客はほとんどいませんが、週末は比較的混雑します。

駐車場

駐車場前の道路はこんな感じです。目立たないのでご注意ください。

公園前の道路
目立った看板などはありません。

利用者は結構多いので、週末の駐車場は混雑気味です。

満車状態の駐車場
週末やゴールデンウィークのお昼頃はかなり混雑します。

取材時利用時間は9時から20時になっていましたが、時期によって前後するのでご確認のうえご利用ください。

芝生広場で犬と散歩する男性
利用時間をチェックしておきましょう。

電車・バス

舞浜駅が最短の最寄駅で徒歩約15分といったところ。ただし案内標識がないため駅から歩いてくるのは結構困難です。

徒歩で訪れる方は舞浜駅または新浦安駅からバスを利用するといいでしょう。

14系統であれば「ふれあいの森公園」バス停を通ります(東京ベイシティバスのサイトはこちら)。

本数が限られているのであらかじめチェックしておきましょう。

駅からの徒歩は厳しい
お散歩の途中に寄るのも楽しいかも。

弁天ふれあいの森公園概要

所在地 千葉県浦安市弁天4丁目13(地図)
園内地図
(クリックで拡大)
弁天ふれあいの森公園の全体地図
駐車場 無料(24台)
電車・バスの場合 電車の場合
JR舞浜駅より徒歩約15分
バスの場合
6系統「弁天4丁目」バス停下車
14系統「ふれあいの森公園」バス停下車
東京ベイシティバスのHP
犬・ペットの入場 入場可能。ビオトープなど一部入れないエリアがあります。
売店 ありません
その他施設 住民の人たちが企画してつくった花壇があります。
小さな川のせせらぎと池田んぼが楽しめるビオトープではメダカなどの魚も泳いでいます。
こどもはもちろん大人も楽しめる遊具も設置されています。
距離表示もされているウオーキングロードでは散歩やジョギングが楽しめます。
Googleのクチコミを見る

記事:取材班長・みどり

地元の人しか見つけられないような場所にある弁天ふれあいの森公園は芝生広場を中心に開放感たっぷりで、こどもが遊べる施設がたくさんあり、可愛い小川のせせらぎを楽しみながらきれいなお花も鑑賞できます。

利用されている方のほとんどは近隣の方のようなので、お子様づれの方にはちょっと敷居が高いかもですが、人見知りをしない子や親御さんであれば、いろんな人と知り合いになれちゃうかも。