茂原公園

弁天湖に浮かぶ弁財天
弁天湖に浮かぶ弁財天

桜の景色が自慢の、お散歩に適した都市公園。
池の周りにはさまざまな種類の樹木が植えられ、
ところどころにベンチが設置されているので
のんびりと散歩をするのに最適です。

更新情報・お知らせ

2021/4/3
桜の写真を追加しました。
2020/2/2
お散歩ブログ「朝の散歩におすすめ!茂原公園展望台

おすすめ・見どころ

青空のなかの桜と歩道

桜と遊歩道

茂原公園の桜は歩道沿いに多数植えられています。池と弁財天の景色が桜とマッチしていてところどころでフォトジェニックな撮影スポットが点在。桜の写真が好きな人にうってつけの公園といえるでしょう。

ゆっくりとお花見をしたい方にもおすすめで、芝生広場や遊具広場にもたくさんの桜があるので、こども連れでもお花見が楽しめます。

桜の木以外にも多数の樹木が植えられているので、初夏から秋にかけても弁財天・橋と新緑・紅葉のコラボなどを観ることができます。

茂原公園入口の桜
入口付近の風景です。満開を少し過ぎた桜ではありますが、迫力の景色です。
桜と提灯
和風の提灯が雰囲気を盛り上げてくれています。
晴天の茂原公園桜並木
桜を楽しむにはやはり晴天がいいですね。
茂原公園の桜の地図
弁天橋バックに桜アップで撮影してみました。カメラが好きな方ならいろんなアングルで素敵な写真が撮れそうです。
散って池に浮かんでいる桜の葉
咲いている桜だけでなく散った花びらも絵になります。
桜と弁財天
弁財天と桜の相性が抜群です。満開ならまた違った写真になりそうです。
茂原公園に出店していた露店
お花見など人の多い時期は露店が出ています。
芝生広場の東屋の周辺で咲いている桜
こちらは芝生広場の桜。園内のほぼすべてのエリアに桜が植えられています。
桜を楽しめる歩道
コロナ禍で宴会ができないので、このような通り抜けのできる場所は嬉しいお花見スポットです。
茂原公園の桜の地図
日本さくら名所100選に選ばれた当公園です。
枯れている桜の木と歩道
こちらは冬の景色。ちょっと寂しい雰囲気。
弁天湖に浮かぶ橋

弁天湖

正面の入口から入るとすぐに池が現れます。周りの樹木が季節ごとに色を変えるので、四季それぞれの池(湖)の景色が楽しめるのが魅力。カモをはじめとした野鳥を見るのが好きな人にもおすすめです。

桜の季節は池全体がピンク色に染まります。紅葉の季節もまた違う色で染まるので、いろんなバリエーションの撮影が楽しめます。

冬はカモなどの野鳥が多く訪れるので、一年を通して癒やしが満載の景色を楽しめます。

池に落ちた桜
散った桜の花びらが池の景色を彩っています。
弁天池を観る人
池には亀もたくさんおり、癒やしが満載です。
桜の落ち葉と弁財天
春の池の雰囲気を盛り上げてくれる桜の花びらと落ち葉と弁財天。
違う角度から見た池と弁財天
いろんなアングルから和風の景色が撮れるので、インスタ好きな方はぜひ。
弁天池の全容
意外と広い池です。1周するのには20分といったところ。
集団で泳ぐ鴨
景色が寂しい冬は鴨がたくさん訪れてくれます。
島の上にある弁財天

弁財天・弁天橋

池を横断するようにつくられた風流な橋を歩いていると、休憩所と弁財天が祀られた島が現れます。泳いでいる魚を鑑賞しながら休憩することができます。

遠くから見る眺めは池の景色を彩り、茂原公園のシンボル的な存在にもなっています。

橋の上から見る景色もまた格別。カメラ好きな方はぜひ天気の良い日に訪れてみてください。

弁天橋手前
池周辺を歩いていると、赤い橋が現れます。
弁天橋入口
しっかりとしたつくりで「弁天橋」と書かれています。
池に浮かぶ社
橋を歩いていると、小さな社が見えました。
鳥居と社
鳥居をくぐると奉納ができます。
離れた場所から見る弁財天と弁天橋
遠くから見た弁天橋と弁財天です。桜があるとさらに映えます。
冬の弁天橋入口
こちらは冬の弁天橋。どことなく景色が違うのがおわかりいただけるでしょうか。
小高い山の頂上にある展望デッキ

展望デッキ

池の周回路を歩いていると何気なく現れる階段。そこをどんどん登っていくと展望デッキにたどりつきます。

意外と長い道のりなのでプチハイキングといったところ。スニーカーと飲み物持参でチャレンジしてみてください。

特集:朝の散歩におすすめの展望デッキ

展望デッキ入口階段
展望デッキへの入口です。詳しくは特集ページで。
山の上の展望デッキ
頂上にある展望デッキです。意外と距離があります。
桜が望める芝生広場

芝生広場

本格的なスポーツ施設はありませんが、走り回ったりできる芝生のスペースがあります。シートを広げてお弁当を食べることもできます。

お花見で人気の茂原公園ですが、駐車場の数に限りがあるので芝生広場がぎゅうぎゅうになる、といったことは稀です。

オフシーズンの平日は貸切状態でのびのび走り回ったりボール遊びを楽しむことができます。

茂原公園の芝生広場全景
テントを張るスペースも十分です。
桜に囲まれた芝生
周辺に桜もあるので、春はお花見を楽しむ人がたくさんいます。
ボール遊びをするこども
ボール遊びは柔らかいものでやりましょう。そこまで広くないので野球の練習は危険です。
多少設置された遊具施設

遊具広場

遊具が設置られた広場が2箇所設けられています。桜などの樹木もあるのでお花見を同時に楽しむことも可能です。こどもだけでなく親の方にとっても嬉しいスペースになっています。

本格的なアスレチックコースはありませんが、小学生なら十分に満足できる遊具が揃っています。週末や春休み・夏休みは混雑するので、人見知りをしないお子さん向きといえそうです。

ターザンロープを楽しむ女の子
豪快に遊びたい子向きのターザンロープ。
桜が咲いている遊具広場
こちらは小さなこども向きの遊具施設がある広場。お花見もできます。
意外と面白い郷土資料館の入口

郷土資料館・美術館

公園の奥にはしっかりとした建物があり、美術館と茂原市の郷土資料館が併設されています。

美術館では本格的な絵画などが楽しめ、資料館では昭和初期から現代に至るまでの茂原市の歴史を知ることができます。

快適に愛犬と散歩する飼い主

愛犬とお散歩おすすめ度:5
★★★★★

ほとんど車両が通行していないので安全・快適な散歩ができます。

桜の季節は混雑するので快適度は低くなりますが、普段は飼い主もワンちゃんも楽しめるおすすめ公園です。

桜だらけの散歩コース
ワンちゃんと一緒に満開の桜の下を散歩してみましょう。

駐車場・アクセス

ほぼ満車状態の駐車場

駐車場

入場してすぐの場所に2つの駐車場があります。無料なので桜の季節は大混雑必至です。少しでも早く来園することをおすすめします。

ほぼ満車状態
写真は冬の週末の混雑度。お花見可能な桜の時期の混み具合は言わずもがなです。
満車の茂原公園駐車場と桜
そしてこちらが春の駐車場。平日ですが「満車」の看板が出ています。
桜だらけの茂原公園駐車場
駐車場に車を置いた瞬間からお花見気分が味わえます。
ミスタードーナツと県道
駐車場に車を置いたらすぐ向かいにあるミスドで軽食をGETしましょう。
茂原公園入口交差点
駐車場入口の交差点の風景です。とてもわかりやすいです。
バス停から歩いてきた景色

電車・バス

JR茂原駅からバスを利用することができます。停留所から公園までは約10分といったところ。

お花見の季節は駐車場に停められないこともあるので、電車とバスを使ってのんびり訪れるのもおすすめです。

茂原市・東金市の公園マップ

茂原公園概要

所在地 千葉県茂原市高師1325-1(地図)
駐車場 あり(154台・無料)
ほぼ国道128号線沿いにあります。「茂原公園交差点」を目指しましょう。交差点を公園側に曲がるとすぐに駐車場があります。
園内地図
(クリックで拡大)
茂原公園の全体地図
連絡先 0475-20-1548(茂原市役所)
総面積 約16ヘクタール
犬・ペットの入場 施設の室内を除き入場可能です。安全な散歩道なので、快適に歩くことができるでしょう。
電車・バスの場合 JR外房線「茂原」駅から徒歩30分位。
茂原駅からバスの場合
小湊バス「大多喜行き」または「長南方面行き」に乗車し、「西町停留所」から徒歩約10分
施設 弁天湖
園内にある小さな池には、四季を通して野鳥が訪れます。。
弁財天
弁天湖にかかるアーチ状の橋の真ん中は島のようになっており、弁財天が祀られています。ベンチがあるので休憩もできます。
展望デッキ
遊歩道の途中と終点にはちょっとした休憩スペースがあるのでお弁当持参でも楽しめます。
芝生広場
それほど広くはありませんが、園内の中心部に第1広場・第2広場という芝生のスペースがあります。
桜が豊富な遊歩道
茂原公園といえば「桜」です。日本さくら名所100選にも選ばれたその風景は絶品。園内の樹木の大部分を占める桜を見ながら歩ける遊歩道。春の桜だけでなく秋の紅葉も楽しめます。
遊具広場
本格的なアスレチックとはいきませんが、こどもが楽しめる遊具施設も用意されています。
梅園
広場と美術館の間に小さな梅園があります。春の訪れを感じてみたい人はこちらで。
郷土資料館・美術館
無料で入れる施設です。茂原の歴史を感じることができる展示物が多数展示されています。
駐車場
無料なのが嬉しい駐車場は150台弱の収容スペースがあります。普段はそれほど混雑しませんが、桜のシーズンは極端に混雑します。
Googleのクチコミを見る