千葉公園(千葉市中央区)

千葉の公園ガイド > 千葉市 > 千葉公園

  • 花が植えら得た公園入口
  • ボートが乗れる池
  • 桜を見ながらくつろぐ人々
  • 風流な建物
  • 桜の写真を撮る人

千葉公園概要

遊べる場所がよく分かる地図
所在地 千葉市中央区弁天(地図)
駐車場 約70台(混雑するのでモノレール利用がおすすめです)※有料
12/29~1/3は利用できません。
利用可能時間:9:00~17:00(運動施設を利用する場合は8:30~21:00)
休園日 12月29日から翌年1月3日まではスポーツ施設・集会場の利用ができません。
連絡先 043-251-5103(公園事務所)
総面積 21ヘクタール
電車・バスの場合 千葉モノレール「千葉公園」駅徒歩すぐ
JR千葉駅より徒歩約10分
京成千葉駅より徒歩約15分
施設 貸しボート
30分200円
3月1日から11月末まで
利用可能時間9:00~16:30
好日亭(茶室と集会所)
使用料:1,280円~
カフェハーモニー
ガラス張りのカフェでサンドウィッチ・カレーライスなどの軽食が食べられま 体育館
バスケット・バレーボール・バドミントン・卓球ができます。1,000人が収容できる本格的な施設です。
野球場
10,000人を収容できてナイター設備もある球場です。
プール
本格的なコースと子供用のプール・遊べる滑り台のプールがあります。7/15~8/31まで開園しています。

※各施設は12/29~翌年1/3は利用できません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

千葉公園の施設・見どころ

野鳥が訪れる池と樹木綿打池・ボートのりば

徒歩で訪れた際には公園に入ってすぐに大きな池が見えてきます。池を取り囲むように遊歩道が整備され、その側面には季節によって模様を変える樹木が立ち並んでいます。池には鴨をはじめとした野鳥がのんびりとくつろぎ、水面下には鯉の姿も見ることができます。

公園の目の前にあるモノレール駅からのアクセス

千葉県内にある大きな公園の多くは駅から離れた場所にありますが、ここ千葉公園はJRの千葉駅から徒歩10分、モノレールを利用した場合は徒歩1分程度という便利な場所にあります。ただ、千葉公園口の駅前にはコンビニやスーパーがありません。お弁当はあらかじめ買っておくか、駅の違う出口に一度出て購入しましょう。

広場にある子供用の遊具施設多目的広場・遊具広場

散歩コースがメインの千葉公園ですが、大勢の人が集まったりちょっとしたボール遊びができる広場もあります。千葉市内の中心に位置しているせいか、近くの小・中学校や高校のイベントにも利用されています。遊具広場にはミニアスレチックが設置されていて、週末はもちろん平日でも小さな子供の笑い声が聞こえます。

満車状態の駐車場駐車場

中央区にある公園としてはかなり良心的ともいえる無料駐車場を設置していますが、利用者の数に比べて収容台数はかなり少なめです。週末は公園周辺に路駐する車で溢れてしまいます。利用する側も近所の住民、公園管理者すべてにとって快適な公園として利用するためにも公共交通機関を利用しましょう。モノレールからは徒歩1分以内というアクセスの良さです。

夏にオープンする予定のプールプール

大規模な公園ではないのでウォータースライダーなどの大型施設はありませんが、子供用のプールから競泳コースとしても利用できるタイプまで、遊びだけでなく本格的な水泳にも利用されています。利用可能時期はその年によって違うので電話(043-253-7844)でお問い合わせください。料金は時間制となっています。

三角形の屋根をした体育館野球場・体育館

千葉公園にはスポーツ施設も用意されています。本格的な野球場にはナイター設備もあり、芝生席を合わせると1万人も収容可能です。体育館ではバスケット・バレーボールなどの室内競技は大方利用可能です。稀にプロレスの会場として使用されることもあります。野球場・体育館ともに予約が必要です。

咲き誇る桜お花見広場

千葉公園には数カ所の花見スポットがあります。いちばん人が多く賑わうのが綿打池周辺ですが、少し離れた場所には広場となっている絶好のお花見スポットもあります。シートを広げてお弁当やお団子を食べたい人にはこちらがおすすめです。平日であれば超満開の桜を貸切状態にできるかもしれませんよ。

ピンクのチューリップ花の広場

ここ千葉公園のセールスポイントのひとつは「管理の良さ」がいえます。ボランティアの方や千葉市職員などによって常に清潔に保たれており、多くの場所に花が植えられています。なかでもこの花の広場では数種類のカラフルな花を鑑賞することができます。説明書きもあるので花の事を知りたい人にとっても絶好のスポットです。

戦争訓練用のトンネル太平洋戦争の演習施設

華やかな花や樹木がある中に、昭和初期の戦争の遺品として残された施設もあります。演習で使用したトンネルはその代表格です。公園全体にその施設が散らばって見受けられるので、散歩がてら見物してみるのもおすすめです。子供にとっても良い経験となるでしょう。

青葉の森公園の池カフェ・ハーモニー

管理が行き届いた公園のなかにはちょっとした食事もできるカフェがあります。空気の良い園内でお弁当や飲み物を飲むのも楽しいですが、たまにはカフェでのんびりくつろいでみませんか。ボートを乗った後にここでくつろぐのもカップルにおすすめのコースです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pagetop