じゅん菜池緑地(市川市)

千葉の公園ガイド > 市川市 > じゅん菜池緑地

  • 首を出す野鳥とじゅん菜池
  • 赤い花が咲く遊歩道
  • 子供が遊べる施設
  • 整備された橋と樹木
  • 羽を広げてメスを誘う鳥

じゅん菜池緑地概要

一周コースが載っている地図

長い形をした公園で、池の周りを遊歩道が囲む感じになっています。自転車が入れないのでお年寄りや愛犬家なども安心して散歩をしていますが、駐車場が狭く、平日でも満車状態なのが難点といえます。 長細い形をしているので入口から見ると小さな公園のように見えますが、奥に長く伸びており1周するのに結構時間を要します。公園のシンボルともいえる池には鴨が多く住み着いていて、来園者の心を和ませてくれます。

所在地 千葉県市川市中国分4丁目(地図)
駐車場 無料(12台程度)
連絡先 047-371-1254(管理事務所)
電車・バスの場合 バスの場合
国分操車場行きに乗車し、「じゅん菜池」バス停下車すぐ
電車の場合
北総鉄道「矢切」駅から徒歩で約10分
犬・ペットの入場 入場可能。愛犬と散歩を楽しんでいる人がたくさんいます。園内は自転車の通行ができないので快適な散歩ができます。
売店 ありません。あらかじめお弁当を用意しておきましょう。
子供の遊具 駐車場側の入口付近にブランコ・滑り台などの子供向けの遊具施設があります。小さな子供向きなのでできるだけチビッコに譲ってあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

じゅん菜池緑地の施設・見どころ

利用時間が書かれた駐車場看板駐車場

利用可能時間は午前9時から午後5時まで。料金は無料です。14〜15台位しか停められないので週末のみならず平日でも駐車場は満車状態になります。自然を生かした散歩に絶好の公園なのですがこの点が問題といえそうです。公園の目の前にバス停があるのでなるべくバスを利用してください。

京成バスのじゅん菜池停留所電車・バス

車での来園よりも電車・バスがおすすめです。この緑地の利用者の為に作られたバス停で停留所の名称も「じゅん菜池」。このバス停に停車する京成バスの便は1時間に3本または2本運行しています。市川駅と北国分駅のどちらも利用可能。安全にゆったりと公園を楽しんでみませんか。

池や花を見ながら歩ける散歩コースお散歩コース

細長い形をしている公園なので、芝生広場が少なく遊歩道が大部分を占めているのが特徴です。散歩コースは池をぐるっと囲むようにできています。池にくる野鳥や亀、魚などを観察しながら歩くのもよし、反対側の緑地の景色や良い空気を感じながら歩くのもまたよしです。ちなみに1周の所要時間はゆっくり歩いて1時間〜1時間半程度です。

日差しや雨よけになるあずまや休憩どころ

園内を歩いていると至る所に休憩用のベンチや屋根付きの「あずまや」が設置されています。池の周りの歩道には屋根や木陰がほとんどないので真夏はこの休憩所がありがたく感じられるでしょう。急な夕立などの雨宿りにも使えます。お弁当を持参してここで食べるのもおすすめ。ただし火気は厳禁なのでバーベキューは禁止です。

幼児や小学生低学年が喜ぶ遊具遊具広場・砂場

駐車場やバス停がある「正門」から入るとすぐに子供が遊べる遊具広場が右手に現れます。アスレチックのような本格的なものではなく、ブランコや砂場、滑り台などのスタンダードな遊具です。ボール遊びをするスペースもほとんどないので小学生低学年から小さな子供向けです。

可愛い生物がたくさん住んでいる池の中じゅん菜池

公園のメインともいえるこの池には、オールシーズン訪れる鴨から季節によって見ることができる渡り鳥まで多くの野鳥を観察することができます。釣りが禁止なので大きな魚が泳いでいる姿もじっくり見ることができますよ。池の周りには色鮮やかな花が植えられており、途中に設置された橋からの池の眺めもおすすめです。天気の良い日はカメラを持参するといいでしょう。

影が多くて涼しい自然環境ゾーン自然環境ゾーン

駐車場側から池の反対側までまっすぐに歩いて行くと、「自然環境ゾーン」に突入します。池の周りの散歩コースは木陰がありませんでしたがこちらは木陰の道がほとんどです。池は見えませんが美味しい空気を感じながら歩いてみましょう。蛇などが潜んでいるので藪の中には入ってはいけません。虫が多いので苦手な方は虫除けスプレーを持参しましょう。

ボールでも遊べる広々とした公園もうひとつの公園

自然環境ゾーンを抜けると右手に遊具が設置された広場が現れます。じゅん菜池には広場がないのでボール遊びをしたい人はこちらがおすすめです。ただし硬いボールで遊ぶのは危険なのでご遠慮ください。小さな子供でも安心して遊べる公園にする為、大人が率先してマナー向上を計って行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pagetop