弁天ふれあいの森公園(浦安市)

千葉の公園ガイド > 浦安市 > 弁天ふれあいの森公園

  • 整備された公園入口
  • 管理施設でもあるグリーンハウス
  • 滑り台が楽しいちびっこ広場
  • ザリガニが生息する池のあるビオトープ
  • 歩きとジョギングが楽しめるコース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

弁天ふれあいの森公園概要

大半を芝生広場が占めているのがわかる公園の地図

概要地元の人しか知らないような穴場の公園です。子供が遊ぶのを前提に作った感じを受ける公園です。花が植えられている池にはザリガニが生息しているので近所の子供達が網と籠と小さな釣竿を持って遊びに来ています。大きな公園とはいえませんが、テントを広げるスペースも充分。基本的な遊具もあるので公園としての設備は揃っているといえます。バーベキューは禁止でスポーツ施設もないので週末でも比較的空いています。

※2017年6月1日現在の情報です。

所在地 千葉県浦安市弁天4丁目13(地図)
駐車場 無料(24台)
連絡先 047-351-1111(みどり公園課)
電車・バスの場合 電車の場合
JR舞浜駅より徒歩約15分
バスの場合
6系統「弁天4丁目」バス停下車
14系統「ふれあいの森公園」バス停下車
東京ベイシティバス
犬・ペットの入場 入場可能。花壇など一部入れないエリアがあります。
売店 ありません
その他施設 住民の人たちが企画してつくった花壇があります。
小さな川のせせらぎと池田んぼが楽しめるビオトープではメダカなどの魚も泳いでいます。
子供はもちろん大人も楽しめる遊具も設置されています。
距離表示もされているウオーキングロードでは散歩やジョギングが楽しめます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

弁天ふれあいの森公園の施設・見どころ

ザリガニ釣りを楽しむ親子連れビオトープ

園内には湿地帯のような雰囲気(公園側ではビオトープと呼んでいます)の場所があります。野生動物や植物が見られるわけではありませんが、なぜかアメリカザリガニが生息しており、週末になると子供が網と手作りの釣竿・イカなどの餌を持ってザリガニ釣りを楽しんでいます。

池の間に作られた木の歩道を歩くので踏み外すと池の中に落っこちてしまうので気をつけましょう。念のため着替えを持ってきた方が良いかもしれませんね。ちなみにワンちゃんはこのエリアには入れません。

多少の空きがある駐車場駐車場

24台収容できる駐車場が園内に完備されています。マンションの近くだったり何かしらのお店があったりすると公園の利用者以外に使用されたりしますが、この弁天ふれあいの森公園の周りには閑静な住宅街しかないため、そのような事はほとんどありません。

バーベキューは禁止でスポーツ競技の施設もないため団体客はかなり少なめ。従って駐車場が満車になることは稀です。

2コースのウォーキングロードウォーキングロード

園内には公園をぐるりと周回する歩道が作られています。名付けてウォーキングロード。Aコースは365メートル、Bコースは570メートルの長さです。ジョギングをする人は歩行者に気をつけてくださいね。自転車は園内に入場してはいけないので安心して歩くことができますよ。ワンちゃんの散歩も可能です。

とても広々と使える芝生広場芝生広場

ここ弁天ふれあいの森公園は、芝生エリアが園内の半分以上の面積を占めています。バーベキューや火の扱いは禁止ですが、テントやタープを持ってきてくつろぐのは可能です。木陰もいくつかあるのでお弁当などを持参してパーティをすることも可能です。桜の季節は競争率が激しくなるので早めに来園するのがおすすめです。

幼児の笑顔が絶えない遊具施設のある広場ちびっこ広場

園内の奥の方には子供が楽しむための遊具施設が置かれていて、そこをちびっこ広場と呼んでいます。滑り台が2種類あり、中をくぐり抜けるタイプのものと普通の滑り台の2種類があります。アスレチックのような冒険コースは用意されていないので、どちらかというと幼児向けといえるでしょう。

駅からの徒歩は厳しい駅からのアクセス

舞浜駅が最短の最寄駅で徒歩約15分といったところ。ただし案内標識がないため駅から歩いてくるのは結構困難です。どうしても徒歩で訪れる人は舞浜駅または新浦安駅からバスを利用するといいでしょう。14系統であれば「ふれあいの森公園」バス停を通ります(東京ベイシティバスのサイトはこちら)。本数は限られているのであらかじめチェックしておきましょう。

わんこと歩くのに快適な芝生エリア愛犬とお散歩おすすめ度:3

きれいな池がありますが犬は入れません。ジョギングコースもあり、人が走ってくるので散歩する場所は限られています。芝生広場は広いのでそこで遊ぶのがおすすめです。ただし、きちんとリードをしないと芝生広場も立ち入り禁止になりかねないので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pagetop